ちゅーるの類似品であるシーバってパクリなの?結論どっちがいい?

シーバ猫用の安全性
ミサエ
ミサエ

こんにちは。愛猫VIVIと暮らすミサエです!

今回は、ちゅーるの類似品と言われるシーバは果たしてパクリなのか?結論どっちが良いのか?と言う議論を私なりにしていきたいと思います。

 

ちゅーるの類似品としてシーバを思い浮かぶ飼い主さんも多いと思いますが、現在のキャットフードの市場ではシーバだけでなく、ちゅーるに似たペースト状の猫ちゃん用の間食食品がたくさん販売されています。

 

ペースト状の間食食品が猫ちゃんにとって食べやすいニーズが出て、ちゅーるを筆頭に大々的に世の市場に出てから爆発的人気を得るようになりました。

 

このような事から、シーバも『とろ~り』などの間食食品を販売し、ちゅーるの類似品として世の市場に出るようになりました。

 

では、果たしてちゅーるの類似品と言われているシーバは果たしてただのパクリなのか?ぶっちゃけてどちらを選んだら良いのか?これを徹底検証していこうと思います^^

この記事の信頼性

管理人ミサエ・30代中年女性独身。。

1人暮らし・普通の会社員で経理を担当しデスクワーク。

朝9時~夕方18時までの勤務時間以外は愛猫の事が好き過ぎて頭から離れない(笑

休日はもっぱら愛猫とまったり。

愛用フードはシーバ(いろんなメーカーを試しましたが一番食べっぷりが良かったため)

4年間愛猫と暮らしておりそれなりに知識アリ

『VIVI』と名付けたメスの猫ちゃんと一緒に暮らしております。

【比較表あり】シーバとろ~りをネットから一番安く買う方法を伝授します!

【後発はどっち?】ちゅーるの類似品であるシーバってパクリ?

ミサエ
ミサエ

「ちゅーる」をはじめとする猫ちゃん用のペースト状の食品は、いろいろなメーカーから販売されていますよね?

その数の多さにどれを選ぼうかと、悩んでしまう飼い主さんもいるのではないでしょうか?

 

数と種類が豊富だと、どれを選んで購入したら良いのか分からなくなると思いますが、一応現在のキャットフードのおやつジャンルでとりわけ1,2を争うのが「ちゅーる」と「シーバとろ~り」だと思います。

他にも色んなメーカーのジャンルや種類はたくさんあり、私も色んなメーカーの商品を試してきましたが「ちゅーる」と「シーバ」以外は基本的にちょっと差が開いちゃってる感じがします。。

 

なので、今の日本の市場で販売されている猫用間食食品では、過去の販売実績から見て、「ちゅーる」と「シーバ」が頭一つ抜けてると思いますし、この2つが一番人気が高いです。

 

と言う事は、

■いったいどちらを選べば良いの・・・?

■シーバとちゅーる、どちらが後発なの・・・?

■シーバってちゅーるのパクリなの・・・?

ミサエ
ミサエ

と言ったことになりますよね^^:

まず先に結論からお答えすると、「シーバはちゅーるのパクリと言われても仕方がない」です^^:

 

こちらの表をご覧ください。

<発売開始日一覧>

CIAO ちゅ〜る シーバとろ~りメルティ
発売開始日 2012年 春 2016年 6月中旬

一覧表を見てもらえば分かるように、ちゅ〜るのほうがシーバよりも4年も早く販売を開始しています。

 

また、2012年より前は猫ちゃん用のペースト状の食品は販売されていないんですね!

ちゅ~るの販売元である、いなば食品さんでは「飼い主が手から与える猫ちゃん用のおやつ」というコンセプトで2012年より前から猫ちゃん用の間食食品を販売していました。

 

ミサエ
ミサエ

しかし、飼い主が猫ちゃんに手からおやつを与えるときに「飼い主の手が汚れてしまう」という最大の難点がありました。

この飼い主さんの不満を解消するために、「細長い袋から絞り出す」という今までにない発想で、猫ちゃん用のおやつ食品としては当時画期的なアイデアとして市場に出たのですね。

 

そして大ヒットをきっかけに、各メーカーが猫ちゃん用のペースト状のおやつの開発・販売に乗り出したと言えるでしょう。

 

つまりパクったと言うことでしょう^^:

 

このペースト状ちゅ~るを製造するために、いなば食品さんは製造機械の改良から行ったそうです。

 

なので、

■ちゅ~るが猫ちゃん用のペースト状おやつの元祖であり先発であること。

■シーバはちゅ~るの4年後に販売が開始されていること。

この2つの事実から考えると、「シーバはちゅーるのパクリである」と言われても仕方がないのではないのでしょうか^^:

ちゅーるとシーバって中身も似てるのか?

ミサエ
ミサエ

猫ちゃん用のペースト状のおやつは、どの商品を見ても細長いスティック状の袋に入っていますよね?

VIVI
VIVI

これが旨いんだニャン!😹

言葉は悪いですが、見た目はどの商品も似たり寄ったりという印象を受けます。。

 

製造工程上、見た目が似てしまうのは仕方がないとして、私たち飼い主が気になるのは中身の違いですよね?

 

まず最初に、ちゅーるとシーバを調べた結果をお伝えします。

ミサエ
ミサエ

結果は、「主原料と食品添加物が違う」でした。

下の表はちゅ~るとシーバの中身の表と図になります。

商品名 CIAO ちゅ~る(かつお) シーバとろ~り(かつお味セレクション)
原材料 かつお、かつお節エキス、糖類(オリゴ糖等)、植物性油脂、増粘多糖類、調味料(アミノ酸等)、ビタミンE、緑茶エキス、紅麹色素、カロテノイド色素 鶏肉、魚類(かつお、サーモン等)、増粘安定剤(加工でん粉)、調味料(アミノ酸等)、増粘多糖類、EDTA-Ca・Na、発色剤(亜硝酸Na)
形状 ペースト ペースト
成分 粗たん白質 7.0%以上、

粗脂肪 0.2%以上、

粗繊維 0.1%以下、

粗灰分 1.5%以下、

水分 91.0%以下

タンパク質 5.0%以上、

脂質 0.2%以上、

粗繊維 0.5%以下、

灰分 3.0%以下、

水分 90.0%以下

カロリー 約7Kcal/本 8kcal/本
塩分濃度 0.5% 0.4%
原産国 日本 タイ

ちゅ~るとシーバの塩分濃度の詳細についてはこうです。

商品名 塩分濃度⇒0.3 塩分濃度⇒0.4 塩分濃度⇒0.5 塩分濃度⇒0.6
CAOちゅーる なし ちゅーる(かつお)
ちゅーる(ホタテ)
ちゅーる(まぐろササミ)ちゅーる(本格ダシ) ちゅーる(鶏ササミ)
ちゅーる(オホーツクホタテ貝柱)
シーバとろ~り とろ~り(まぐろ)

とろ~り(まぐろとシーフード)

なし なし なし
ミサエ
ミサエ

ジャンルや味により、違いがあるものの、ほとんどの場合で0.3~0.6の範囲内です。

こちらの本で、ちょっとリサーチしてみました^^

ただ、基本的に「ちゅーる」も「シーバ」も塩分表記がなかったので、こちらの記事からの塩分測定器による計測ですが、大体の目安的にはこれくらいだと思います。

出典https://the360.life/

そして、ちゅーるのパッケージには、「1日4本を目安におやつとしてあげてください」と書かれていますが、これはぶっちゃけて多すぎです!^^:

 

どんなに多くても、1日2本くらいにコントロールすることが重要です。(私はシーバとろ~りを1日1本以上与えていません)

猫ちゃんが間食ばかり食べていると、カロリーの摂り過ぎに気を配らなければなりません。

 

健全な食生活を送るためには、パッケージ裏に表示されているカロリー数をチェックし、その割合に応じて食事のメイン(主食)をコントロールすることが重要です。

✅ちゅーるとシーバの大きく違う所は主原料と食品添加物

ミサエ
ミサエ

ちゅ~るの主原料は「かつお」です。シーバの主原料は「かつお」ではありますが「鶏肉」という違いがあります。

また、使用されている着色剤も、ちゅ~るは紅麹色素と、シーバは発色剤(亜硝酸Na)を使用しています。

また、使用している酸化防止剤も天然由来か人工添加物かという違いもあります。

なので、ちゅ~るとシーバの違いは、「主原料と食品添加物の違い」ということになります。

【比較表あり】シーバとろ~りをネットから一番安く買う方法を伝授します!

【結論】猫にとってちゅーるとシーバってどっちがいいの?

ミサエ
ミサエ

結論として、結局はどっちが良いの・・・?ってなりますよね?^^:

■ちゅ~るとシーバの違いは分かったけど、自分の猫ちゃんにはどっちがいいんだろう・・・?

■ちゅ~るとシーバのメリットとデメリットが知りたい・・・

結論からお答えすると、

■塩分が気になるならシーバ

■食品添加物、自然由来にこだわるならちゅ~る

になりますね。

CIAO ちゅ~る(かつお) シーバ とろ~り(かつお味セレクション)
メリット ■使用している人工の食品添加物が少量

■カロリーがシーバと比べて低め

■塩分濃度がちゅーると比べて低い

■ちゅーるより若干値段が安い

デメリット ■味によってシーバより塩分濃度が高い

■天然由来成分だが着色剤を使用している

■人工の発色剤が使用されている

■食品添加物がちゅ~るに比べて多め

このような事から、個人的な意見として4年間、間食食品をテストして来た結果、添加物が少量で天然由来を重視するなら「ちゅーる」です。

ただ、毎月のフード代などの経済的負担軽減や、塩分控えめで長期的な食生活の健全化を目指すなら「シーバ」と言う結果になります。

 

ちなみに私はVIVIに4年間シーバを与えておりますが、その理由は全体的にバランスの取れた総合栄養食でもあり、比較的各メーカーのキャットフードの中でも値段が買いやすい設定だからです。

ミサエ
ミサエ

私自身、普通の会社員なので、値段が高いプレミアムフードなどは買えません。。^^:

なので、そんな中でも私のような普通の庶民でも何とか負担なく買えて、かつ猫ちゃんの栄養バランスまで考えられたフードだと私は思っております^^

最終的にちゅーるとシーバを深掘りしてみると・・・

ミサエ
ミサエ

最終的に、ちゅーるとシーバをさらに深掘りしていきます。

先ほどもチラッと出てきましたが、ちゅ~るに使われている「紅麹色素」は自然由来の着色剤です。

 

ですが、猫ちゃんの食事に色味は関係ないので、わざわざ使う必要はないと思います。

紅麹(べにこうじ)色素とは?
→ベニコウジから出た色素で、熱に強く色褪せしないので、焼き菓子などに広く使われます。和菓子やお餅、赤飯などの分野で使われる食品添加物の1つで着色料でもあります。

また、「ビタミンE」「緑茶エキス」も自然由来成分です。

ミサエ
ミサエ

次に、シーバに使われている「発色剤(亜硝酸Na)」は人工の食品添加物で

す。

発色剤はお肉の赤味を保つ役割以外にも、ボツリヌス菌の増殖を防ぐ効果もあります。

ボツリヌス菌とは?

→ボツリヌス菌は河川や動物の体内などに多く生息します。食品の中にボツリヌス菌が多数発生すると、その食品を食べたことで死を含む深刻な病状が起こることがあり、かなりの警戒が必須です。日本では第四種感染症に指定されています。

シーバも含め多くの場合、シーバにも使われている「EDTA-Ca・Na」も人工の食品添加物です。

「EDTA-Ca・Na」とは?

→おやつの酸化を防ぎ品質を保つ、酸化防止剤です。

こうして見比べてみると、どちらも食品添加物が使われていますが、ちゅ~るの方が自然由来のものを多く使用していることがわかります。

ミサエ
ミサエ

ですが、どちらも食品添加物を使用しているので、「あまり使って欲しくはないな」というのが正直な感想です。。

これらすべて考えて、私が与えたいと思うおやつは「シーバ」です。

 

やっぱり「塩分濃度」が気になるからです。。

 

私と同居しているVIVIは4年一緒に住んでおりますが、今後のライフステージでいうなら「シニア猫」に入っていきます。

なので、愛猫の「腎臓」に今まで以上に気を使いたいと考えています。

 

ミサエ
ミサエ

「腎臓」の負担を無くすためには、塩分を摂りすぎないことが大切になってきます。

長期的なプランで愛猫の健康を考えるなら、1日でも長生きして一緒にいる時間を大切にしたいので、総合的な栄養バランスを考えたらシーバを私は4年間愛用しています。

 

そうは言っても、詳細に調べたら「ちゅーる」も「シーバ」も利点と欠点はお互いあるので、最終的な判断は愛猫の食いつきが良い方にあげたらいいと思います。

 

ミサエ
ミサエ

私も結局は、VIVIがシーバのほうをたくさん食べたので、よく食べるほうを選びシーバに辿りつきましたので。。^^:

 

なので、まずはお互いテストしてみてどちらが愛猫にとって食べっぷりが良いのか?そして、どちらの方が継続的に今後与えられ続けられるのか?そして、どちらがお財布に優しく経済的負担がないのか?をちゃんと比べてみてください。

 

比べた結果、愛猫にとって最適なモノをあげてやってくださいね^^

 

それでは良き猫ちゃんライフを!

【グラフあり】シーバ猫の最安値情報をお届け!どこよりも超わかりやすく!

 

この記事を書いた人

ミサエ
ミサエ
愛猫VIVIと暮らすネコ大好きマニアです!真冬の外で寒そうにしている野良猫だったVIVIを偶然見つけ、この子の親になる事を決意。一緒に暮らして早4年が経ち、今では可愛い過ぎて夢中。そんなネコ好きだからこそわかる目線で、いつもあげてるキャットフード『シーバ (Sheba) 』の豆知識や役立つ情報をお届けします^^

コメント