シーバのスープは塩分どうなの?他社と比べてみた!摂り過ぎるとどうなる?

シーバ猫用の種類
ミサエ
ミサエ

こんにちは。愛猫VIVIと暮らすミサエです!

今回はシーバのスープ系の塩分についてお話ししていきます。

 

私もシーバのスープは愛猫の食欲があまりない時に、サラッと栄養補給ができるので良きアイテムとして与える時があります。

 

ご飯のメインはあくまでもディライトシリーズなどのカリカリ系ですが、スープ系もたまにバリエーションを増やす意味であげる時があります。

 

そんなシーバのスープ系ですが、スープと聞いただけで塩分などがどれ位含まれているのか気になるところです。

 

猫ちゃんにとって塩分の取り過ぎは、食生活や健康状態を乱す一番の原因ですからね。

 

今回はシーバのスープシリーズに含まれる塩分や他社との比較、過剰摂取のリスクなどを解説していきますので、参考にしてくださいね^^

この記事の信頼性

管理人ミサエ・30代中年女性独身。。

1人暮らし・普通の会社員で経理を担当しデスクワーク。

朝9時~夕方18時までの勤務時間以外は愛猫の事が好き過ぎて頭から離れない(笑

休日はもっぱら愛猫とまったり。

愛用フードはシーバ(いろんなメーカーを試しましたが一番食べっぷりが良かったため)

4年間愛猫と暮らしておりそれなりに知識アリ

『VIVI』と名付けたメスの猫ちゃんと一緒に暮らしております。

シーバのスープは塩分ぶっちゃけてどれくらい?

ミサエ
ミサエ

結論から言って、シーバのスープの塩分量は他社と比べると少ない方だと思います。

では、そもそも猫ちゃんにとって塩分とはどういう存在なのでしょうか?

 

人間の場合だと、生きる為に最低限必要だけど、取り過ぎると血圧が上昇したり腎臓に負担をかけてしまい健康に害が出てくる。

 

よく高血圧の方とかが、塩分を控えた食事に気をつけたりしているのをコマーシャルやTVでも見かけますよね?

 

実は猫ちゃんも全く同じなんですね。。

 

猫にとっても塩分は必要です。でも取り過ぎはダメです。

 

そして猫も人間と同じように、味の濃いものを美味しいと感じる様です。

 

シーバのフードはまさにそれだと思います。。

ミサエ
ミサエ

食べっぷりが良いので、味や香りなどを猫ちゃんが好むように作られていると思うんですが、その分、塩分も多く含まれているんではないか?と思う飼い主さんは多いと思います。。

特にスープ系は。。

 

安くで売られている他のメーカーよりは、じゃっかん値段が高いので、塩分や栄養バランスは高品質な調整をされているキャットフードだと思いますが、それでもどれ位の塩分量が含まれているのかはやはり気になるところです。

 

そこで実際に見ていきましょう。

 

早速、リサーチしようとしたんですけど、すでにシーバのスープの塩分を調査してくれている方がおりました^^:

VIVI
VIVI

そうなのニャー。。🙀

『戦国にゃんこと暮らす』と言うブログを運営されている方が塩分を調べたとこ、シーバのスープは平均で「0.52%」の塩分値だと言うことがわかっていますね^^

出典https://ameblo.jp/

ミサエ
ミサエ

この方の測ったスープは『シーバアミューズ・とろけるシーフードスープ』ですが、おそらく他のシーバアミューズシリーズのスープも同じぐらいの塩分値だと思います。

後で他社との比較表などをお見せしますが、「0.52%」と言う数値は他のメーカーのキャットフードよりは、低い基準になります。

 

そして、いざ塩分量を確認しようとすると、シーバも含めてほとんどのキャットフードには塩分量の記載が無いのです!(商品によっては、ナトリウムやカリウムの名称で記載されているものもあります)

 

こんなに重要な情報の記載がないのは何故なのでしょうか?

 

先ほどの、戦国にゃんこと暮らすのブログ運営者さんも、塩分を計測出来る「塩分計」というものを購入して測っておりましたが、もしもこの先ウチのVIVIも塩分の量に気をつけないといけない病気になってしまったら私も買うと思います。。

原材料 魚類(かつお、まぐろエキス等)、野菜類(にんじん、パセリ)、かつお節、増粘安定剤(加工デンプン、増粘多糖類)、調味料(アミノ酸等)
成分 タンパク質6.0%以上、脂質0.1%以上、粗繊維0.1%以下、灰分1.5%以下、水分92.0%以下
カロリー 約15kcal/1袋
原産国 タイ

何で表記がないんでしょうかね。。?

 

その辺の理由はよくわかりませんが、とにもかくにも日常的に塩分の高いおかずや一般食等を与えていると病気になりやすい上に、いざ病気になっておかずを変えようとした時に、そのご飯では満足出来なくなってしまっている可能性は十分にあります。

なので、今からでも猫ちゃんに与えるご飯などの塩分には気をつけてあげたいですね!

塩分量を他社と比べてみた!

ミサエ
ミサエ

そもそも猫ちゃんは1日どれくらいの塩分を摂取しても良いのでしょうか?

人間の場合だと5~6gと言われていて、猫ちゃんは体格や種類によって違いはありますがザックリと3~4gといわれています。

 

この猫ちゃんが摂取しても良いといわれている3~4gという塩分量は、猫が美味しいと感じる化学調味料が含まれているキャットフードを与えると簡単に超えてしまう数値だそうです。

そこで、各メーカー別にスープシリーズで塩分の比較をしてみました。

各社様々なスープを出していて、味によって塩分量は違いますが、1種類ずつピックアップして比べてみました。

 

商品によって容量などの違いもありますが、大体グラフの様な結果となっています。

 

ミサエ
ミサエ

モンプチのスープを見てみると、シーバの倍以上の塩分量だという事が一目瞭然です。

こちらの塩分値も、先ほどの戦国にゃんこと暮らすのブログ運営者さんがモンプチスープの塩分値を調査してくれておりました^^

出典https://ameblo.jp/

グラフでもよくわかりますが、モンプチスープの塩分値は約「1.34%」でした。。

ミサエ
ミサエ

シーバのスープが平均約「0.52%」に対してモンプチスープは「1.34%」ですから倍以上の塩分差ですね。。

VIVI
VIVI

辛そうだニャー。。😾

✅塩分が少ないシーバのスープに食いつきはどうなのか?

ウチの場合は、スープは副食として与えており、主食としてカリカリ系だけでは飽きるので、たまに違うモノを与える意味で出しますね。

 

他には、体調が思わしくない時にサラッと飲めるスープ系は良いと思います。

 

ウチのVIVIには、主食のプラスアルファで与えてるものなので、食いつきに関してはそんなにガツガツ食べてる感じはないですが、いつもカリカリ系を食べなれているので、スープだけを与えた時にはそんなに食べなかったですね。。

ただ、アマゾンのフィードバック(評価)などを見ていると、スープだけでも食いつきが良い猫ちゃんは多いようですね~^^

出典https://www.amazon.co.jp/

ミサエ
ミサエ

猫ちゃんを飼っている友人の千夏ちゃんが、試しにシーバのウエットフードやスープを舐めてみた事があるらしく、人間が味見をしても塩味を感じたそうです。。

千夏
千夏

ちょっと、しょっぱかった。。(笑

ちなみに、千夏ちゃんとこの愛猫(モモちゃん)はコチラ!

私は「猫ちゃん用のご飯なんて、人間が食べれるものじゃない。。マズイでしょ!?」と思っていたので、それを聞いたときは意外でした^^:

 

人間と猫の体重は全然違いますから、人間が塩味を感じるくらいの塩分をあんな体の小さい猫ちゃんが食べてると思うと、どうなんだろう。。と感じたほどです。

 

スープは、基本的に副食としてのお惣菜的な感覚で上げるモノなので、他にも主食であるおかずから塩分を取るので、スープを飲ませる時に選ぶポイントはやはり塩分量は少ないモノを選んでください。

 

なので、他のメーカーよりも圧倒的に塩分値が低いシーバのスープを選んで間違いないです。

この塩分量の比較についてですが、私が調べた情報によると、やはり猫ちゃんの療法食用のスープが一番塩分量が少なく、療法食を除いてみてみると、シーバの商品が比較的塩分量が低いものとなっていました。

ミサエ
ミサエ

このように、シーバアミューズのスープシリーズは塩分量だけではなく、その点においても安心だと感じました。

シーバのスープで塩分を摂りすぎるとどうなるの?

先程、猫にとって塩分(ナトリウム)は必要不可欠だと言いましたが、どうやら「最低限取らなければならない量」は決まってるけれど「これ以上ダメだよ!」という上限は設定されていないそうなんです。

 

もちろん塩分の取り過ぎはリスクです!

 

でも猫と言う生き物は、塩分(ナトリウム)を尿として上手に排出する事が出来るそうなんです。

 

例えば尿路疾患(猫ちゃんのおしっこの病気)は尿の量を増やし、しっかりと尿を出すことが大切なのですが、尿路疾患用に作られているキャットフードには尿を増やす為にあえて塩分を強めに作って、猫ちゃんの喉を乾きやすくし、水を飲む量を自然と増やしているそうです。

VIVI
VIVI

えっ!?それってヤバくないニャー。。😾

なので、普段のご飯にも関わらず、あえて塩分を多く作っているキャットフードもあるくらいなのです。

ミサエ
ミサエ

そう考えると、ちょっと怖いですよね。。

しかし、もちろんどの猫ちゃんも塩分を多少取り過ぎても、上手に出すことが出来る訳ではありません。

 

人間と同じで、腎臓や心臓が弱い猫ちゃん、シニアの猫ちゃんは注意が必要ですね。

物事の全てに「かたより」や「過剰」が良くないというのは周知の事実で「何でも、かたよりの無い様にバランス良く」というのが良いということは誰しもが知っている事だと思います。

 

だから、いくら猫ちゃんが上手に体から塩分を出すことが出来るからといって、過剰な塩分を与え続けると、もちろん腎臓に負担をかけて病気になるリスクはもちろんありますし、高齢になれば体の機能はグングン下がっていきます。

たまに「塩分の強いおやつなどを多くあげてしまった!」くらいは、さほど気にすることもないかと思いますが、これから気をつけてあげたいと思っている飼い主さんであるあなたは、キャットフードやおやつを選ぶ際は、どの商品にも塩分は含まれているので、あえて塩分の多い商品を選ぶ必要はNGかなと思います。

スープは飲むが中の具は残す!?こんな時どうすれば・・・

ミサエ
ミサエ

Yahoo知恵袋などを見ていたら、こんな事を言っている方がおりました。

出典https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/

要は、『スープは飲むけど、中の具を食べない』と言う悩みですね。。

 

基本的には、袋から出してそのままの状態で出すよりは、ドロっとさせとろみを付けさせた方が好きな猫ちゃんが多いです。

他にも、少しシーバのウエット系のフードをスープの中に混ぜて、ミキサーにかけてあげたら食いつく場合もありますね。

 

ウチも、スープ単体ではあまり食いつきが良くないので、食べさせる時は他のウエット系を混ぜて、ドロっとさせてますね。

缶詰やスープの塩分は、ちゃんと猫ちゃん用に正しくコントロール(調整)されていますが、スープとしてプラスするケースでは単品で食いつきが良いか確かめてみて、良くない場合は他のウエット系と混ぜるなどして色々バリエーションを増やすことが大事ですね。

 

ミサエ
ミサエ

それが結局、猫ちゃんの健康的な食生活につながるので!

シーバのスープは特に味のタイプはいろいろあり、ドロっとしてとろみがついているモノ、あっさりしているモノなどバリエーションも豊かですので、いくつか試して猫ちゃんにしっくりくるモノを与えてあげてください。

 

他にも、猫ちゃんが好む具材を調理して中に入れてやると、猫ちゃんも嫌がらずにスープごと中の具材も食べてくれやすくなりますね。

✅それでも残す場合は手作りスープを作ろう

ミサエ
ミサエ

毎日、シーバのスープを与えるのは飽きるし、コストの面でもお金がかかるというケースには、自宅でカンタンに手作りスープを作ってみてはどうでしょうか?

出典https://www.youtube.com/

ベーシックな材料は鶏ガラと水だけで、すぐに準備できます。

ミサエ
ミサエ

一度作っておけば、時間が無い平日はチンするだけでいつも手作りスープができると思います。

鶏ガラは色んな料理のスープやダシとしても使えるので、食事用にだしをとってちょっとだけ猫ちゃん用に取っておくという事もできますよ^^

 

普段ほとんど愛猫が水分をとらなくて心配という飼い主の方も、手作りスープを作ってあげるとご飯と一緒に水分も取ってくれるようになるかもしれません。

 

是非試してみてくださいね^^

まとめ・シーバのスープは1個あたりが安い!

さて、ここまでシーバのスープに関してお話ししてきました。

 

ミサエ
ミサエ

まとめとしてシーバのスープに関する1個あたりコストについて最後に見ていきましょう^^

もちろん、コストが手ごろであればそれに見合う分だけすぐに与えることができる為、がっつり見定めておきたいキーポイントです。

経済的にも、たまに与えるぐらいなら問題ないプライスなので安心できますね。

1袋あたりの単価は約80円とかなり経済的です。

 

最安値などを見ても、ほとんどこのプライスでした。

 

あくまでも、シーバのスープは副食なので、他のメーカーのスープと比べても安い部類に入り、経済的な価格だと思います。

スープなので、おやつと言う感覚はないですが、いつもあげてるフードの味に飽きてしまった場合などは良いアイテムの1つです。

 

スープなのでお腹いっぱいにたまるものではないし、高齢期を迎えたシニアの猫ちゃんでも食べやすいでしょう。

 

寒い時期の水分補給や、ドライ系のカリカリをふやかして与えるときにもベストですね^^

肉・魚などの食材によるトッピング

この記事を書いた人

ミサエ
ミサエ
愛猫VIVIと暮らすネコ大好きマニアです!真冬の外で寒そうにしている野良猫だったVIVIを偶然見つけ、この子の親になる事を決意。一緒に暮らして早4年が経ち、今では可愛い過ぎて夢中。そんなネコ好きだからこそわかる目線で、いつもあげてるキャットフード『シーバ (Sheba) 』の豆知識や役立つ情報をお届けします^^

コメント