【シーバ愛用者へ】総合栄養食なら成分関係なく何でもいいの?絶対見るべきポイント!

シーバ猫用の安全性
ミサエ
ミサエ

こんにちは。愛猫VIVIと暮らすミサエです!

今回はシーバ愛用者の方へ、総合栄養食の表記についてお話ししていきます。

 

よくキャットフードの成分や素材の中身を確認する方法として、商品の裏に総合栄養食の表記がされていると思います。

 

シーバにもよく書いておりますが、結局のところ『総合栄養食と書かれていたら何でもいいのかなぁ?』と、ふと私自身疑問に思ったので、ちょっと深く調べることにしました。

 

私と同じように、シーバを日頃からお使いの方で安心して使うためには最低限の知識を知っておかないといけないと思うので、良かったら参考にしてください^^

この記事の信頼性

管理人ミサエ・30代中年女性独身。。

1人暮らし・普通の会社員で経理を担当しデスクワーク。

朝9時~夕方18時までの勤務時間以外は愛猫の事が好き過ぎて頭から離れない(笑

休日はもっぱら愛猫とまったり。

愛用フードはシーバ(いろんなメーカーを試しましたが一番食べっぷりが良かったため)

4年間愛猫と暮らしておりそれなりに知識アリ

『VIVI』と名付けたメスの猫ちゃんと一緒に暮らしております。

【シーバ愛用者へ】総合栄養食なら何でも良いのか?

まず、結論から言うと、シーバの食品はザックリと

『総合栄養食』=主食

『副食』=缶詰やパウチ

『おやつ』=とろ~りなどのペースト状のもの

があって、『副食』と呼ばれる缶詰やパウチのほとんどの食品はご飯の代わりにはなりません。

ミサエ
ミサエ

『総合栄養食』と呼ばれるものでないと、主食としてのご飯にはならないです。

基本的に猫ちゃんには総合栄養食と水だけ与えれば、健康に生活が出来るベースの体質になっております。

 

なので、副食としての缶詰やパウチなどと、おやつなどは食が進まない時に主食に少量を混ぜたり、その他補助としたり、おやつなどはストレス解消を促したり、『たまには甘いものを』などと言ったコミュニケーションを取る為のツールのようなものです。

 

じゃあ、『総合栄養食』と表記されているものであれば何でも良いんだ。。と思ってしまいがちですが、ここにも重要な注意点があります。

 

ミサエ
ミサエ

『総合栄養食』であれば何でもいいという訳ではありません。。

VIVI
VIVI

そうなのニャン。🐱

これは私の体験談ですが、以前VIVIを動物病院に預けた時に「いつも食べているご飯を持って来て下さい」と言われて、いつも食べさせていたエサを持っていきました。

当時の無知な私のエサを選ぶ時の基準が「とにかく安いモノ。。」でした。

 

その時に与えていたエサ⤵

1個だいたい100円以下です。。^^:

しかも、『総合栄養食』ではなく、『一般食』の表示なんですよね。。

副食の説明

こちらは、原産国がカナダからタイに変わった時のシーバです。。

パッケージには猫ちゃんにとって問題ない素材が入っていると書かれていたし、うちの愛猫も始めは美味しそうにバクバクと食べているので何の疑問も持たずに与えていたものでした。

 

ミサエ
ミサエ

ただ、途中から急にこれらのモノは食べなくなりました。。

そして、預けていた動物病院の先生に

先生
先生

ご飯を変えたほうがいいです。。これらはあくまで副食として主食の中に少量をミックスしたり、スープであれば人間で言えば『おかゆ』のようなモノになります。。

と言われました。。(汗

 

その時に初めて私は、ただ市販で売られているエサを与えれば良いわけではないという事を知りました。

 

私が与えていたエサの原材料のほとんどが総合栄養食ではなく、一般食だったんですね。。←完全に無知だった私。。

 

先生いわく、

先生
先生

猫ちゃんに副食だけの食事を毎日与えていると栄養バランスが不足して、病気の原因になります。基本的には摂取カロリーに適したたんぱく質が豊富に含まれているものを選ぶと良いです。

と言われました。。

ミサエ
ミサエ

先生のアドバイスで今では必ず素材や原料の表記を確認して買うようになりました^^(ずっとシーバですが笑)

それまでずっと「ごはんのようで、ごはんでないモノ」を与え続けていたことにゾっとしましたが、あの時に先生にアドバイスをもらえたことで私の価値観は全く変わりました。

 

確かに、たんぱく質が多く栄養バランスが豊富に含まれているキャットフードは、缶詰やパウチと比べて1個あたりの価格は高いです。

 

ですが、愛猫がこの先病気になるかもしれないリスクを考えると「今まで与えていたご飯の考え方が単純すぎた。。」と感じました。。

 

なので、何も考えずにただ単に『総合栄養食』や『一般食』だけ与えていれば良いのか?と言う判断はあまりにも軽率な考えです。。

 

愛猫のことをちゃんと考えて育てたいと思うのであれば、安価なフードを与えるのではなく、猫ちゃんの今の現状に適したフードを与えてあげてくださいね^^

【評判+口コミ】シーバが良くないとネット上で言われる理由は?Q&Aも含めて

成分や原材料を必ず見るべきチェックポイント!

ミサエ
ミサエ

じゃあ、これからどのように猫ちゃんのご飯を選んだら良いのか?

そもそも猫ちゃんは肉食系です。

 

なので猫ちゃんの食事で一番必要をされている成分はたんぱく質であるお肉かお魚で、穀物などの炭水化物を消化するのは苦手なのです。

 

そのキャットフードに含まれている穀物とは、米、トウモロコシ、麦とかで、一見何の害もない様に見えますが、消化が苦手な猫ちゃんにそれらを与えると消化機能の低下や高血糖を引き起こすリスクもあるそうです。

かといって、全く消化出来ないという訳ではない様で、多少含まれている分には問題ないそうです。

 

先生が、「穀物を多く含む総合栄養食はお菓子をあげているのと同じ事」と言っておりましたので、私は猫ちゃんのご飯で主原料が何であるのか1品1品手にとって確認するようになったのですが、その「穀物が主原料のお菓子の様な総合栄養食」がとにかく多くてビックリしました。

 

まぁまぁ値段が高い商品でさえ、穀物が多く使われていたりするんですよね。。

 

確かにいざ原材料を確認した時に、穀物を一切使っていない総合栄養食を探し出すのはなかなか難しかったです。

 

そして「たんぱく質がメインのものを見つけた」と思ったのもつかの間、今度はその主原料に使われているお肉が安全なお肉なのかどうか、という問題が出てきます。

 

例えば、シーバデュオの場合、

ミサエ
ミサエ

主に「肉副産物、家禽(かきん)ミール」と表示されているものは簡単に言うと「謎の肉」です。

■肉副産物、家禽(かきん)ミートとは?

→肉副産物や家禽ミートは、「正肉」と定めされた部分以外の事を言います。ただ、そういったあらいざらいがキャットフード全体に使用されているモノではありません。

素材としてそれ相応の詳細で、市場に出ても問題ないように適切に清浄処理された物だけ今のところ販売されています。

要は、100%大丈夫、とも言い切れない代わりに、100%安全、とも言い切れませんよね。。^^:

 

一応、適切に清浄処理された物だけ今のところ販売されているようですが、とはいえ、与えられない原料が増えれば増えるほど、猫ちゃんのご飯の値段も上がっていく訳で、我が家のような一般家庭で買えるキャットフードの金額にも限界があります。。

 

ミサエ
ミサエ

なので、私の持論ですが見ておくべき素材や成分と原料のチェックポイントです。

どちらかというと、私はシーバデュオよりも、シーバディライトのカリカリ系を主食として与えております。(それでも家禽類って表示していますね。。)

理由は、やっぱり他のシーバよりもシーバディライトシリーズは『タンパク質が豊富に含まれている』からですね。(33,0%以上で他メーカーと比較しても高水準)

原料表示は、容量が多いものから表示されています。一番最初に肉や魚などたんぱく質が表記されているものを選ぶ。

肉副産物、家禽(かきん)ミートなど、謎の肉系は極力少量のモノを選ぶ。

着色料や酸化防止剤などもなるべく少量のものを選ぶ。(添加物が全くのゼロは物理的に不可能)

ただ、これらをすべてクリアする商品はその辺のスーパーやドラックストアにはまず売っていないし、品揃えの良いペットショップで見つけたとしても、毎日あげられるような値段ではなくて1袋3000円以上のかなり高額になります。

 

なので、私はとりあえず①と②を絶対に譲れないのポイントに絞ってシーバにたどり着きました^^

【グラフあり】シーバ猫の最安値情報をお届け!どこよりも超わかりやすく!

着色料やあいまいな動物性油脂など大丈夫なの?

いざ原料に注目し始めると、今度は聞いたことのない添加物などの言葉がどんどん出てきます。

 

ミサエ
ミサエ

中でも注目して頂きたいのは「着色料」「動物性油脂」です。

猫ちゃんにとって、ご飯の見た目は関係ありません。

 

なので「着色料」は猫ちゃんにとって全く不必要な添加物となります。

 

じゃあ何故、ほとんどのキャットフードで着色料が入ったモノが売られているのか?

 

私の持論ですが、おそらく人間である飼い主さんの購買意欲を促す為かと思われます。

例えば、

赤色40号・赤色120号・赤色3号・赤色106号・青色1号

これらに関して、この着色料が含まれているキャットフードは販売禁止になっている国があるにも関わらず、日本では普通に売られたりしています。

 

もちろん猫ちゃんにとって、良いモノではないですよね。。そう思うとちょっと怖いですね。

 

ミサエ
ミサエ

ただ、人間が飲む飲料水やジュースなども、糖分の他に着色料が多く使われております。これはお菓子なんかもそうですよね?

着色料が良くない添加物だと分かっていても、食品には多く含まれておりますが、私達人間は普通にジュースを飲んだり、お菓子を食べたりしています。。

 

要は、猫ちゃんの食品にもこれと全く同じ事が言えて、食品として販売するためには、最低限の見た目と美味しそうに見せないとユーザーから売れないので、各メーカーの商品戦略な事で使用されているんだと思います。

 

ミサエ
ミサエ

そして「動物性油脂」という原料です。

動物性油脂とは、その名の通り動物から抽出した油のことです。

 

キャットフードを作る為には、油脂は必要な成分ではあるものの、動物性油脂は「何の動物の油脂かわからない」という曖昧な表現になっているフードが多いです。。

 

信用できる良質なキャットフードの場合「鶏油脂」や「サーモンオイル」など何の油脂であるのか明確に記載されております。

 

シーバも、「鶏脂」と表記されていますね。

結局、『動物性の油脂なんだよね?』となりますが、動物性油脂は酸化による劣化が早く、その劣化を遅らせる為に酸化防止剤が使われています。

 

ミサエ
ミサエ

ここでポイントなのが「この動物性油脂の為に使われた酸化防止剤は猫ちゃんの健康に害を及ぼす危険性は十分にあるのに記載されていない」という事なんです!

つまり、動物性油脂など何の油脂であるのか謎なキャットフードが多い中、さらに酸化防止剤もセットで入っているということなんですね。。

 

他にも発がん性のある添加物など、原材料を見出すとキリがありません。

これら全てをクリアするキャットフードをその辺で見つけるのはとても難しいと思われます。。

 

そしてそれらが入っているからといって、すぐにどうこうなることはありませんが、毎日口にするもので猫ちゃんの体は作られているので、少しでも有害な物質が愛猫の体に蓄積されない様に私も含めて飼い主さんは心得ておきましょう^^

 

なのでまとめれば、着色料や動物性油脂を含むフードを食べてもすぐに猫ちゃんの体に問題が出るかと言えばそうではありませんが、人生設計をして長い目で見れば極力少量のフード、または無添加に近いフードを選んだほうが良いという事ですね。

 

シーバを含めて、キャットフードを選ぶときは、原料が何であるのか、なんの油脂が入っているのか、添加物や着色料はどの程度入っているのか、これらを確認することが愛猫の健康を守ることに繋がります。

✅総合栄養食で好き嫌いが出た場合はどうすれば?

猫は学習します。

 

猫ちゃんが口に運ばないからといって、次から次へと真新しいフードに切り替えていると、猫ちゃんは「次はもっと美味しいモノを出してくれる」と求めるようになります。

 

そうすると、お好み以外では見向きもしなくなります。。

 

猫ちゃんの好き嫌いは、実は飼主さんがきっかけの元凶だったりします。

 

ミサエ
ミサエ

好き嫌いをなくすために、私は必要以上に主食を変えません!(メインはほぼほぼシーバディライトシリーズです)

好きなものが総合栄養食など絶対必要な栄養が適度なバランスでとれるものならオーケーですが、一般食や副食ではバランスが良い栄養が取れないです。

 

ミサエ
ミサエ

もし猫ちゃんが、与えた食事を口に運ばないケースだとサクッと片付けてしまってください。

その後、2時間くらいしたら、ふたたび同じごはんをあたえます。これを3~4回つづけるうちに猫ちゃんもおなかが空くので、根負けしてそのごはんを口に入れ始めます^^

このように、猫ちゃんの健康を思うなら、時と場合によってシビアに触れ合うことも必要不可欠です。

ご飯の好みが最近こだわるようになってきた

ご飯の好みが最近コロコロ変わる

一口食べただけでご飯の味に飽きるようになった

年齢によるシニア世代で老化による食欲低下

このように、いくらプレミアムで高額なフードでも、食べている合間に食べるのをやめてご飯を残すことが多々あります。

 

ミサエ
ミサエ

その際は、猫ちゃんが「食の好き嫌いを覚えた」と言っていい時期です。

総合栄養食(主食)を与えていて、子猫から成猫になったタイミングの「好き嫌い」や「こだわり」であれば問題ありませんが、いつもより、猫ちゃんがどの程度のご飯の分量を食べるのか確認しておきましょう。

猫ちゃんも人間と同じ様に、味の好みがあり、味にはうるさいです。

 

本人にとって、抵抗感があるフードであれば、全く見向きもせず食べない事も多いです。

 

飼い主さんは、チラチラフードを取り換えみて、猫ちゃんを好むフードはどのカテゴリーなのかを見定めることが重要になります。

✅間食(おやつ)は食べるが総合栄養食は食べない時どうすれば?

■ご飯を与えてもあんまり食べないのに、おやつだけはくれと言ってくる。

■おやつばかり食べて、ご飯に目を向けない。

ミサエ
ミサエ

と言うような要因のケースだと、食事自体をステップバイステップで改善していくことが重要になります。

確かに食べっぷりのいいシーバとろ~りなどのおやつは猫ちゃんも喜びます。

しかし、ご飯を口に運ばないという理由で、おやつばっかりをあげてしまっていると、ご飯を食べなくても『美味しいおやつをゲットできる!』と学習してしまいます。

 

既に愛猫がおやつばかりを口に運んでいる場合は、健康のためにも日頃からあげてる回数や量をチョロチョロと少なくして行くようにしてください。

 

そして、総合栄養食のような主食としてフードを食べられるようにしていってあげてください。

ミサエ
ミサエ

猫ちゃんも人間と一緒で、高齢でシニアになっていくと、食べる量や頻度も少なくなっていきます。

老猫のシニアともなれば、下半身が弱ってきたり、眠る時間も多くなります。

 

食べる回数は若い時代とは違って少なくなっていきます。

 

年齢による衰えで、食欲低下になっているなら、無理矢理食べさせないようにして、簡単に食べられるスープ系や流動食などの方法で必要な栄養を埋め合わせて、年齢に見合ったフードをあげてくださいね!

 

それでは健康的な猫ちゃんライフを過ごして行ってくださいね^^

【グラフあり】シーバ猫の最安値情報をお届け!どこよりも超わかりやすく!

 

この記事を書いた人

ミサエ
ミサエ
愛猫VIVIと暮らすネコ大好きマニアです!真冬の外で寒そうにしている野良猫だったVIVIを偶然見つけ、この子の親になる事を決意。一緒に暮らして早4年が経ち、今では可愛い過ぎて夢中。そんなネコ好きだからこそわかる目線で、いつもあげてるキャットフード『シーバ (Sheba) 』の豆知識や役立つ情報をお届けします^^

コメント