【シーバ】猫ちゃんのおやつに氷アイスをあげてみた!注意点やタイミングと時間は決めるべき?

シーバ猫用の種類
ミサエ
ミサエ

こんにちは。愛猫VIVIと暮らすミサエです!

今回は猫用シーバのおやつに氷アイスをあげてみましたので、その内容や注意点などをお話ししていきます。

 

また、シーバのおやつって基本的には人間で言う駄菓子なので、あげるタイミングや時間は決めるべきなのかについても説明していきます。

 

今回の内容を知る事で、シーバを使っている飼い主さんはおやつのテリトリーやレパートリーが増えると思いますので是非参考にしてくださいね^^

 

このサイトでは主にシーバ猫用のお役立ち情報をお届けしております。

この記事の信頼性

管理人ミサエ・30代中年女性独身。。

1人暮らし・普通の会社員で経理を担当しデスクワーク。

朝9時~夕方18時までの勤務時間以外は愛猫の事が好き過ぎて頭から離れない(笑

休日はもっぱら愛猫とまったり。

愛用フードはシーバ(いろんなメーカーを試しましたが一番食べっぷりが良かったため)

4年間愛猫と暮らしておりそれなりに知識アリ

『VIVI』と名付けたメスの猫ちゃんと一緒に暮らしております。

シーバのおやつで氷アイスを作ってみた結果・・・

あなたはシーバの「おやつ氷」って知っていますか?

 

おやつ氷とは、お皿におやつを盛ってそのおやつの上に氷を乗せたものです。

 

ミサエ
ミサエ

そのおやつ氷が、猫ちゃんにとって水分も同時に採れて体温が上がる夏に良いと聞きました。

ミサエ
ミサエ

そこで、シーバのおやつである『とろ~り』で友人の千夏ちゃんとこの猫ちゃん(モモちゃん)で試して頂きました^^

VIVI
VIVI

何コレ!冷たそうニャン!😺

始めは、見たこともないような物体だったので警戒していたのか、中々近づかなかったんですが徐々に近づいて来てペロペロし出しました^^:

千夏
千夏

最初は興味津々で「何だコレっ?」って感じだったよね~^^

猫ちゃんは体温調節があまり上手ではない生き物ですよね。。

 

なので夏は特に熱中症や脱水症状になりやすいそうです。

 

しかも猫ちゃんの場合、すごく暑くても「熱中症になるからお水飲まなくちゃ!」とかわからないし「今日はすごく暑いからお水ちゃんと飲んでね!」と言った所で自らお水を飲んでくれるわけではないです。。

 

うちのVIVIも一度だけ、すごく暑い日に外出して帰って来た時に、家の中がすごく暑くなっていて、舌を出して犬の様にハッハッと明らかにのどが乾いていた事がありました。。

 

お水はちゃんと置いてありましたが・・・(汗

 

その時焦って「ほら!お水飲んで!」と言っても飲んではくれませんでした。。

VIVI
VIVI

。。。😼

そういう観点からいっても、暑い夏におやつ氷が良いようです。

猫ちゃんによっては、おやつが無くとも氷をひたすらペロペロなめたりするのが好きな子もいるみたいですね。

 

それに私の見解としては、おやつなど味わってゆっくり食べて欲しいのに秒速でたべてしまうのを、おやつを氷の下に敷く事で、おやつが秒速で無くなるのも防げるかと思います。(あくまでイメージです笑)

こんな感じで^^:⤵

出典https://www.youtube.com/

ただ、おやつ氷をあげる際の注意点として、あまり氷を与えすぎると体を必要以上に冷やしてしまったり、猫ちゃんの胃にも良くないそうです。

 

また、そのままあげると舌に氷が張り付いてしまう可能性もあります。

 

張り付くのを防ぐ為に、少しお水で濡らしてからあげると良いと思います。

 

あとは、猫ちゃんは口が大きくないので、ガリガリと氷を噛んで食べる事は難しいです。。

 

ミサエ
ミサエ

まあー最終的には結果として、氷と一緒にペロペロと上手に時間を掛けて食べていました。

千夏
千夏

何かと最後まで食べたね~!

氷の与えすぎには注意ですが、夏におやつ氷をあげることは猫ちゃんにとっては一石二鳥かもです^^

✅シーバとろ~りの氷アイスの注意点は?

結論から言えば、シーバとろ~りで氷アイスを作ろうと思った時に、求められるのが『氷の型(大きさ)』でしょうね。

 

色んなとこで探せば、猫ちゃんにあてはまるサイズもあるかと思いますが、千夏ちゃんの家で試した時にはあまり深く考えずに試したため、猫ちゃんが食べやすいサイズにマッチしませんでした。。^^:

 

ミサエ
ミサエ

つまり、普通に冷凍庫用の氷を作る容器に水を入れ、そこにシーバをいれただけでした。。(笑

今考えると、その型が見た目に人間用のサイズの型になっていて、猫ちゃん用の氷を作るにはしっくりこない大きさでした。そう、当たり前ですが大きすぎたのです。。(笑

 

型が大きすぎたため、 始めは非常に食べにくそうにしておりました!

 

なので、これではかわいそうなのでちょっと氷を小さくしてみました^^

✅小さめの氷アイスにシーバとろ~りを入れてみた!

ミサエ
ミサエ

氷アイスを作る時に氷が大きすぎる場合は、小さめの容器で作るのがベストですね!

小さい氷を作る容器に、シーバとろ~りを入れてその上からお水を注ぎます。

これで、簡単に猫ちゃんが食べやすいサイズのおやつアイスができる!と確信しましたね~。

お水をいれたら、そのまま冷凍庫で2時間~3時間ほど凍らせます。

ミサエ
ミサエ

出来上がり!めちゃくちゃ簡単です。

だいぶ、食べやすいサイズになったと思います^^

 

なんでもっと早くに発見することができなかったのかと悔やまれます!

VIVI
VIVI

んだニャー。🙀

そうは言ってもブレインフリーズに要注意!

ミサエ
ミサエ

猫ちゃんを飼っている愛猫家であれば、猫ちゃんに食べさせてはいけないモノは大体頭の中に知識としてあると思います。

例えば、チョコレートなどのカカオ系、乳製品などのヨーグルト、人間が服用するサプリメントやお薬などなど。

 

本音で言えば、アイスなどもいろいろな糖分が使用されているし、猫ちゃんの健康に一見良くなさそうにイメージしますが、実はそれだけではなく、あるハードな『出来事』 が起こるようなんです・・・。

 

アイスや氷が好きな猫ちゃんも多いし、目新しいモノを見れば興味津々な猫ちゃんは、人間が召し上がっているアイスを求めることも多いです。

 

そして、つい愛猫の可愛さに負けて、たくさんあげてしまう飼い主さんもいると思います^^:

 

しかし!ちょっと待ってください!

 

猫ちゃんがアイスを口にすると、こんなことが・・・。。

アイスを食べていたら、いきなり口をガーッとあけて何か叫ぶ猫ちゃん!!

 

実はこれ、「ブレインフリーズ」と言います。

VIVI
VIVI

スゲーニャン!🙀

人間でも冷たい物をいきなり口にすると、頭がキーンとしますよね?

ミサエ
ミサエ

実はこれ、猫ちゃんにも全く同じ事が起きています!

なので、猫ちゃんがアイスを自分から求めて来たら、必要以上にあげるのは控えるようにしてくださいね。

出典https://www.youtube.com/

体温が上がり水分がどうしても必要な夏場は、おやつとして1日1回ほどあげても良いですが、それ以外の季節では2日に1回か、もしくは3日に1回で十分です。

 

過剰摂取に気をつけてくださいね^^:

【結論】シーバおやつアイスは結局良いのか良くないのか・・・

さて、ここまでシーバとろ~りの氷アイスを見てきましたが、結論から言えば、あげすぎると、猫がお腹を壊してしまうかもしれないと気に掛かるので、先ほども言いましたが我が家では2、3日に1回のペースであげています。

 

ミサエ
ミサエ

そして、現在もおいしそうに食べております^^

カンタンに作れるので、おやつのバリエーションを増やしたい飼い主さんはオススメします!

それに、普通にシーバとろ~りをあげると一瞬で食べてしまうので、ゆっくりおやつを楽しむ意味ではこの氷アイスのほうが比較的時間をかけて猫ちゃんも食べます。

 

特に暑い夏場は、猫ちゃんが快適に過ごすためのアイテムとしてはその他にも数多くあると思われますが、このようにおやつでケアをするというのも一つのやり方です。

 

猫ちゃんにとって、良い食生活を過ごせるように色々と試行錯誤していきましょう^^

シーバ猫のとろ~りおやつ氷アイスのタイミングや時間は決めるべき?

ミサエ
ミサエ

おやつのタイミングや時間はきっちりと決めなくてはいいものの、ご飯の前は避けた方が良いです。

猫ちゃんが健康な体を維持し長生きする為には、まずは食事をきっちり食べる事です。

なので一番重要なのは『猫ちゃんが主食でメインのご飯をきっちり食べる事』をクリアした上で、おやつをあげるのが良いかと思われます。

 

猫ちゃんのおやつは、猫ちゃんが大好きな風味や味付けがされているので、先におやつを食べてしまうと、ご飯が美味しくなく感じられ、食べることが進まなくなったり、おやつでお腹がいっぱいになってしまって肝心の主食を食べられなくなるんですね。

そうなってしまっては、おやつどころか本末転倒で体調が悪くなってしまったり、ゆくゆくは病気になってしまったりしてしまいます。

 

子供にも「ご飯の前におやつ食べちゃダメだよ!」って言いますよね^^:

それと同じ事ですね。

私は、普通のシーバとろ~り(標準のペースト)であれば基本的に1日1回仕事から帰宅した時にあげています。

■仕事からの帰宅後におやつをあげる理由

なぜ、仕事から帰宅後にあげているかと言うと、私は基本仕事で外出しており、置きエサスタイルです。なので、朝一番に置き皿にご飯を与えて外出しております。それによってウチのVIVIは私が帰宅する前にご飯を食べ終わっているので、私が帰宅するタイミングはちょうど良いおやつタイムなんです^^

なので、特に時間は決めていませんが最近少し太り気味な為、1回分の量を少量にしてあげることにしています。

 

その他のタイミングとしては、おやつを愛猫とのコミュニケーションの為に、あまりにもお腹が減っていそうな時や、人見知りが激しく仲良くしたい時、あとは爪を切る時や毛のブラッシングをさせてくれた時などは特別にあげたりもします。

 

他のタイミングだと、家に遊びに来た友人の猫ちゃんなどにはおやつをあげたりもたまにします。

 

それが猫ちゃんと人間が仲良くなれる唯一のツールかと思うからです。

 

うちのVIVIの場合、おやつを貰えるとなると誰でも寄って行ってスリスリするんです。

あとは我が家だけかもしれませんが、VIVIの姿が見当たらない時は「ちゅ~る~~」と言うと、どこからか現れるので、どうしても見つけられない時は最終手段としておやつを使う事もあります。(ちゅ~るじゃないのに笑)

 

回数は、カロリーが過剰にならなければ数回に分けてもいいかと思います。

 

その猫ちゃんによって食べられる量などは決まってますので、その範囲内で1回であげるか、数回に分けるかなどしたら良いと思います。

 

おやつの時間やタイミングは食前を避け、基本的なルールはそれぞれの家庭で決めておいてくださいね。

 

それが猫ちゃんの正しい食生活を維持するためにも必要な事なので!

 

それでは良き猫ちゃんライフを^^

 

PS,

ミサエ
ミサエ

普段のおやつとして、とろ~り氷アイスでバリエーションを増やしたい方はぜひお試しください^^

この記事を書いた人

ミサエ
ミサエ
愛猫VIVIと暮らすネコ大好きマニアです!真冬の外で寒そうにしている野良猫だったVIVIを偶然見つけ、この子の親になる事を決意。一緒に暮らして早4年が経ち、今では可愛い過ぎて夢中。そんなネコ好きだからこそわかる目線で、いつもあげてるキャットフード『シーバ (Sheba) 』の豆知識や役立つ情報をお届けします^^

コメント