猫ちゃんにシーバの缶詰めを与える時の切り替え時期とレンジでチンとかヤバくない!?

シーバ猫用の種類
ミサエ
ミサエ

こんにちは。愛猫VIVIと暮らすミサエです!

今回は猫ちゃんご用達のシーバの缶詰の切り替え時期などについてお話ししていきます。

 

シーバの缶詰は特にそうですが、副食としてメインの上にちょっとだけ足す感覚であげるモノなので、基本的にはメインのご飯としてあげるのはNGな物です。

 

そこで、シーバの缶詰めを正しく扱うためにレンジでチンすることや、経済的に1缶1缶与える事にエサ代が高くつくことにどうすれば良いのかわからない方は参考にしていってください^^

 

今回の記事では主に、

■シーバの缶詰めに切り替える時期は何歳からが良いの?・・・

■シーバの缶詰めをレンジでチンするとがヤバくない?・・・

■シーバの缶詰めはエサ代が高くつくけど好んで食べるからどうすれば?・・・

このような事の疑問に目を向けていきたいと思います。

この記事の信頼性

管理人ミサエ・30代中年女性独身。。

1人暮らし・普通の会社員で経理を担当しデスクワーク。

朝9時~夕方18時までの勤務時間以外は愛猫の事が好き過ぎて頭から離れない(笑

休日はもっぱら愛猫とまったり。

愛用フードはシーバ(いろんなメーカーを試しましたが一番食べっぷりが良かったため)

4年間愛猫と暮らしておりそれなりに知識アリ

『VIVI』と名付けたメスの猫ちゃんと一緒に暮らしております。

【シーバ猫】缶詰めの切り替え時期は?何歳からあげるべきなの?

シーバって缶詰もあるけど何歳から食べさせていいの・・・?

うちの子、まだ子猫で離乳食が終わったばかりなんだけど・・・?

うちの子に合った缶詰はどこを見ればわかるの・・・?

ミサエ
ミサエ

このような缶詰めに関する疑問を持っていられる飼い主さんもいると思います。

結論から言えば、缶詰は何歳からと言う答えは、『年齢に応じた缶詰をあげる』と言うのが正しい答えです。

 

理由は、まず缶詰に「~歳から」という表示がありませんか?

 

例えば、こちらの『ヒルズ・サイエンス・ダイエット缶』などは年齢表記してあるのでわかりやすいかもしれません。

この「~歳から」もしくは「~歳まで」という表示は、当たり前ですがメーカーさんが「○歳の猫ちゃんのために栄養バランスを考えて作っています」というものになっています。  

 

ではなぜ、缶詰が年齢によって作り分けられているかと言うと、これも当たり前ですが「年齢によって必要な栄養素が違うから」です。

 

ミサエ
ミサエ

シーバの缶詰めの場合は、年齢表示はありませんでした。。^^:

子猫と大人猫ならば、身体を作る時期にある子猫と、身体を健康に保つ時期にある大人猫では、必要な栄養バランスは違ってきます。

 

その年齢に合っていない食事を続けていると、栄養不足により身体が十分に成長しなかったり、逆に栄養を取りすぎて太り過ぎてしまう原因になります。

 

ミサエ
ミサエ

だからこそ、猫ちゃんの年齢によって缶詰を作り分ける必要があると言うことですね!

VIVI
VIVI

そうだったんだニャー!😺

なので、愛猫が5歳なら5歳用に作られている缶詰を、12歳なら12歳用に作られている缶詰を食べさせてあげてくださいね^^

 

基本的な年齢の分け方なら、

子猫用の場合は「~12ヶ月まで」

大人猫の場合は「1~7歳」

シニア猫の場合は「8歳以上」

✔ハイシニア猫の場合は「11歳以上・15歳以上・18歳以上」

というように、猫ちゃんの年齢で分けられていることがほとんどですね。

ここでの一例で、メーカーさんによっては多少年齢の分け方に違いがあるので、パッケージをよく見て確認してくださいね^^

 

なので、こうしてみると缶詰は子猫用からハイシニア猫ちゃん用まで幅広く年齢に対応した缶詰がメーカーさんから作られていて、私たち飼い主と愛猫に向けて提供されていますね。

 

その中で、ご自分の愛猫の年齢と好きな缶詰をきちんと理解してあげて、ご飯の中に取り入れてあげれば缶詰は子猫からでも食べられるお助けフードですね^^

缶詰に切り替える時の注意点などは?

缶詰に切り替える時はどんなことに注意すればいいの?

子猫と大人猫で切り替え方は違うの?

ミサエ
ミサエ

このような疑問を持たれた飼い主さんもいると思います。

まず、子猫と大人猫の缶詰の切り替え方の注意点です。

 

缶詰に切り替えるときの注意点は2つあります。

■一気に切り替えない

■一週間から十日程かけて少しずつ慣らしていく

ではなぜ、一気に切り替えずに少しずつ慣らしていく必要があるのでしょうか?

 

理由は3つあります。

■一気に切り替えるとびっくりしてそのフードを食べなくなる場合がある

■急なフードの切り替えでお腹を壊したり、吐いてしまう場合がある

■もしフードそのものが体に合わなかった場合に少ない量で気が付ける

という理由があるからですね。。

✅一気に切り替えるとびっくりして食べなくなる場合

ミサエ
ミサエ

猫ちゃんは食べ物の『形・味・匂い・温度』にとても敏感ですね。

VIVI
VIVI

VIVIは匂いから嗅ぐニャー!😺

基本的には同じ食べ物を食べ続けるよりも、新しい食べ物を好みますが最初は警戒して食べようとしない猫ちゃんが多いですね。

 

しかし、中にはさらに敏感な舌の猫・食べ物の変化が苦手な猫もいます。

 

そういう敏感な猫のためにも食べ物の変化は緩やかにしてあげるのがコツですね^^

✅急な切り替えでお腹を壊したり吐いてしまう場合

舌が敏感な猫ちゃんがいるようにお腹が敏感な猫ちゃんもいます。

 

そういう猫ちゃんの場合も、食べ物の変化を緩やかにしてあげる事でお腹を下してしまったり吐き戻してしまう可能性を下げられることがあります。

 

ミサエ
ミサエ

もし、缶詰そのものが体に合わなかった場合に、少ない量で気が付けると言うことで、猫ちゃんの体質と缶詰の成分が合わない事もあります。

その場合は、一気に食べてしまった時よりも少しの量で気が付けたほうが、体に入っている合わない成分の量が少ないので、体への負担を少なくしてあげることができます。

 

なので缶詰に切り替えるときの注意点は、

「一気に切り替えないで一週間から十日程かけて徐々に慣らしていく」と言う考え方が正しいですね。

 

ゆっくり慣らしていくのは面倒くさいかもしれませんが、愛猫の健康管理を思うなら少しずつやっていきましょう!

カリカリの方が経済的だけど缶詰を食べる場合はどうすれば・・・

ミサエ
ミサエ

1つに固定化すると飽きがくるので、メーカーは変えずに私はずっとシーバシリーズのいろんなジャンル(フレークや缶詰やスープ系やカリカリ系)を時期によって回してあげていますね。

そうなれば、シーバディライトのようなカリカリ系だけでよくない?とも感じますが、その辺はやはりカワイイから『微々たるモノでも美味しそうなご飯を食べさせてあげたい』と言う本音が出てしまいます^^:

 

と言うことで、カリカリ系と一緒に缶詰をあげてしまうときもあります。

 

でもこれって、 カリカリの方がお金の面で経済的なんですが、缶詰と一緒に毎回出しているとエサ代だけでかなり高くつきますよね。。^^:

肉・魚などの食材によるトッピング

缶詰は猫ちゃんが好む香りで、好きな猫ちゃんも多いと思います。

ミサエ
ミサエ

ウチのVIVIも缶詰だけの単品であれば、あまり食べないんですがカリカリに少量混ぜると食べますね。

ただ、その美味しさゆえに愛猫の「缶詰愛」に、エサ代が高くつくのでお困りの飼い主さんもいらっしゃるのではないでしょうか?

 

では、エサ代が高くつかない缶詰の与え方ですが、缶詰を1缶丸ごと主食として与えていると、どうしてもカリカリより缶詰1缶1缶買っている方が高くつくので、メインはカリカリ系に変えて、その中に少量ずつミックスしていってください。

ミックスして混ぜる比率ですが、始めは

カリカリ7:缶詰3

ぐらいのバランスであげてください。

 

そして徐々に、カリカリにメインが傾いて来たら

カリカリ8:缶詰2
ぐらいのバランスに移行していき、最後にはそのバランスがカリカリ10になれば理想ですね^^

 

ただ、カリカリに缶詰をミックスしてそのまま完食してくれればいいのですが、中には缶詰だけ食べてカリカリは残すという猫ちゃんも珍しくはありません。。

ミサエ
ミサエ

そこで、カリカリの中に缶詰めの具を入れてたべさせたいんですが、そんな事1粒1粒やっていたらとてもではありませんが手間でやってられません!

なので、そういった時はちょっと手間ですが、カリカリをお湯でふやかしてから、缶詰と混ぜて与えてみてください。

ふやかした方がより馴染んで猫ちゃんも食べやすくなります。

もし、それでも食べない!といった場合は、さらに電子レンジで数秒ほど温めて人肌ぐらいの温かさにしてみてください。

温めることで、匂いが強くなり猫ちゃんの食欲を刺激するきっかけになります^^

 

カリカリのコストパフォーマンスの良さと管理のしやすさ、そして理想は缶詰を組み合わせることでより栄養バランスが取れるご飯になるんですが、経済的にエサ代が高くついてしまう方には、最終的にカリカリを主食として徐々に切り替えていくことが一番安くなることかなと思います。

シーバの缶詰めの保存はどうするの?小分けがいいの?

まずそもそも論として、缶詰の量多くない?

 

缶詰の量はだいたいどのメーカーでも60g~70gで、一度に全部は食べきれない猫ちゃんがほとんどです。

ミサエ
ミサエ

なので、何回かにわけてあげるんですが、食べるのはせいぜい始めの2~3回です。^^:

私は基本的に、一度開けた缶詰は冷凍状態で保管していますが、結局最後の方にはなかなか食べなくなりますね。。

 

一度VIVIにも、缶詰だけをメインでエサ皿にあげても、少しにおいをかいで「何か私の好みじゃないな~。。」といった風な感じで、しょんぼりした顔つきになり食べずにそのまま立ち去ります^^:

VIVI
VIVI

んだニャン。。😼

一個の缶詰を何日にもわけて保存していたら、そりゃあ鮮度も落ちるだろうから、その気持ちはわからなくもないです。。

 

ただ、野良猫時代のようにご飯を自分で探すことを考えたら、与えてくれるほうが全然幸せだと思うんですが猫ちゃんにしてみると、そうではないみたい。。

 

なので、缶詰を保存しようとするときには、中からすべて取り出し、ラップで包み、 必ず冷凍保存してください。

ミサエ
ミサエ

冷凍保存でないと、酸化してにおいが移り、一気に鮮度が落ちます。

なので、最悪でも一度開けた缶詰は2日以内に使い切ってくださいね^^

 

そしてたまに、このようなフタで缶詰のまま冷蔵庫に保存する人がいますが、これはやめたほうがいいです!⤵

フタだけして、缶詰のまま保存したら確実に酸化した状態で保存しているので、必ず開けたら一度全部中身を出し切ってスグにラップで冷凍保存してくださいね!

✅シーバとろ~り1本の小分けで缶詰めの中身を発売してほしい!

ミサエ
ミサエ

そうは言っても、ラップで包む作業がかなり手間ですよね。。

さらに、缶詰をレンジでふやかしたりするのも正直面倒くさいです。。

 

これらの悩みをすべて解決してくれる方法は、缶詰の中身のおかずを小分けしてシーバとろ~りみたいに、小さな縦長の袋に入れて販売して欲しいのが本音です。^^:(まあー勝手な私の意見ですが。。)

 

例えば、おやつのとろ~りみたいに、細長い袋に缶詰の中身のおかずを入れて発売してくれたら、食べ切りサイズなのでいちいち残った分をラップに包む作業もいらなくなります!

ミサエ
ミサエ

ウチのVIVIは特に、とろ~りのおやつにはいつもガッツくので、尚更細長い袋で缶詰めの中身を販売して欲しいといつも思っております。。

シーバの缶詰シリーズをいつもあげている飼い主さんなら、かなりの需要があると思いますが、販売されていない理由からしてメーカー側に何か販売できない理由があるんでしょうねー。。^^:

 

缶詰でないと、袋のままでは鮮度が保てないとか・・・(汗

 

シーバの缶詰を日頃から多く愛用している飼い主さんなら、一度でも開けた時の処理や保存に手間がかかるので、もし食べ切りサイズのとろ~りみたいな細長い袋タイプがあればかなり重宝するかと思いますね。

保存した缶詰めをレンジで温めるってヤバくない?

ミサエ
ミサエ

やっぱり、教えてGooやヤフー知恵袋などを見ると、缶詰のまま保存するのは良くないと言う意見が多いですね。(あくまで専門家ではない回答ですが。。)

なので、先ほども説明しましたが、ラップに包んでスグに冷凍庫で保存です!

 

そして、その後猫ちゃんにあげるときにはレンジで程よく温まるまでが良いとのこと。

出典https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/

始めは、にわかに信じがたい話だと思いましたが、いつもお願いしている動物病院の先生にこのことを伺ったところ、先生も

先生
先生

缶詰の冷凍保存後に解凍する時は、食べやすいようにレンジなどでふやかす事は全然やってもらって問題はありません。

と、おっしゃっていました。

冷たいままのご飯では、私達人間もおいしくないと感じるように、猫ちゃんもやっぱり多少温かいご飯の方を好むんでしょうねー^^

✅実際に動物病院でも聞いたけど・・・

猫ちゃんがご飯を食べるときに、「美味しい・美味しくない」の判断は実はご飯の味じゃなく、匂いのほうがメインなんですって。

 

ミサエ
ミサエ

ですので、気分良くおいしそうに食べつくには、この「匂い」や「香り」を強く主張することが大事なんですね!

低品質で安価なフードなどは、そういった背景から人工的に猫ちゃんが好む香料などを多く使って、食べっぷりを良くしようと人工的にしています。

 

なので、そういうふうな低品質で安価なフードは、猫ちゃんの健康を損ねますので買わないでくださいね!

 

そう言う意味では、シーバの場合キャットフードの中では比較的高い部類に入ると思います。

その分成分や素材にこだわっているフードだと思いますので、安心して猫ちゃんに与える事ができるフードだと思います。(私はずっと4年間シーバを愛用しております^^)

なので、猫ちゃんにとってご飯を食べる上で重要なキーポイントとなるのが「匂い」や「香り」なんですね。

 

冷凍保存した缶詰の残り分から、ひんやりしたおかずなどというモノは匂いもほとんどしないために、猫ちゃんにとって食欲をそそらないモノとなってしまいます。

 

そう言う理由からも、猫ちゃんの食欲がパッとしない時などには、

先生
先生

フードを加温してあげてみてください。

と動物病院の先生からアドバイスを受けましたので、ぜひ試してみてくださいね^^

 

それでは良き猫ちゃんライフを!

この記事を書いた人

ミサエ
ミサエ
愛猫VIVIと暮らすネコ大好きマニアです!真冬の外で寒そうにしている野良猫だったVIVIを偶然見つけ、この子の親になる事を決意。一緒に暮らして早4年が経ち、今では可愛い過ぎて夢中。そんなネコ好きだからこそわかる目線で、いつもあげてるキャットフード『シーバ (Sheba) 』の豆知識や役立つ情報をお届けします^^

コメント