【購入者へ】シーバ猫用の安全性は?安心して買える?リスクは?

シーバ猫用の安全性
ミサエ
ミサエ

こんにちは。愛猫VIVIと暮らすミサエです!

シーバ(猫用)を選ぼうとしているけど、そもそも安全性や、安心して購入できるの?リスクはないの?と疑問に思っているあなた。

 

わかります!

 

私も、最初シーバシリーズを選んだ時に、『本当に大丈夫かしら。。』、『変なモノが入ってないかしら。。』と、そのような観点で見ていました。

 

今では、猫用フードで人気のシーバですが、中身の安全性や正しい食事管理など愛猫にとってすっごい大事なことですので、その内容をお話ししていきます。

 

結論から言えば、適当なキャットフードを外見のパッケージのデザインや値段だけで選んでしまうのはNGだと言うことです。

この記事の信頼性

管理人ミサエ30代中年女性独身。。

1人暮らし・普通の会社員で経理を担当しデスクワーク。

朝9時~夕方18時までの勤務時間以外は愛猫の事が好き過ぎて頭から離れない(笑

休日はもっぱら愛猫とまったり。

愛用フードはシーバ(いろんなメーカーを試しましたが一番食べっぷりが良かったため)

4年間愛猫と暮らしておりそれなりに知識アリ

『VIVI』と名付けたメスの猫ちゃんと一緒に暮らしております。

【グラフあり】シーバ猫の最安値情報をお届け!どこよりも超わかりやすく!

【購入者さんへ】シーバ猫用の安全性はぶっちゃけどうなの?

ミサエ
ミサエ

大好きな愛猫にはいつまでも健康で長生きしてほしいですよね。

人間は自分の体調に合わせて食事の調整ができますが、猫ちゃんはそういう訳にはいきません。

 

猫に代わって安全なフードを選んであげたいものですが、どこをチェックすればいいのか分からないという方も多いのではないでしょうか。

 

猫ちゃん用のご飯として有名なシーバのキャットフード。

 

食いつきがいいとの声を耳にしますが、安全性はどうなのか、気になりますよね。

 

今回は、1箱で4つの味が楽しめるシーバの人気商品「シーバ・デュオ」から、成猫用・香りのまぐろ味セレクションを取り上げて詳しく見ていきたいと思います。

毎日メインで食べるキャットフードを選ぶ際にはまず、「総合栄養食」の表示があるかどうかをチェックします。

総合栄養食とは猫にとって必要な栄養素がバランスよく含まれているもののこと。

他には、おやつなどの「間食」・治療目的の「療法食」・特定の栄養の補助のための「栄養補助食」や嗜好性(しこうせい)を高める「一般食」があります。

嗜好性(しこうせい)とは『好んで食べるかどうかの指標』のことです。

シーバ・デュオは総合栄養食ですので、あとは水さえあれば栄養バランスがとれますね!

 

ミサエ
ミサエ

原材料は成分の多いものから順に並んでいるのですが、シーバでは肉類が一番多いです。

猫は食肉ネコ科に属し、消化器官の短さや歯の形からも分かるように完全な肉食動物です。

 

猫に必要なたんぱく質量は米国飼料検査官協会の基準で26%以上と定められていますが、粗悪なキャットフードの中には「穀類」が一番多く含まれているものもあります。

米国飼料検査官協会とは、『ペットフードの栄養基準やラベル表示に関する基準を決めているアメリカの団体』です。

シーバ・デュオの表示には「たんぱく質30%以上」とありますので、充分足りていると言えるでしょう。

 

ここで気になるのは肉「類」という表示です。

 

多いものから順に(チキンミール、家禽ミール、牛・羊副産物、チキンエキス、ささみエキス等)と記載されています。

チキンミールとは鶏肉を粉末状にしたもので、生肉に比べ傷みにくく、乾燥させているため重さ当たりの栄養価が高いというメリットがあります。

 

同様に家禽ミールも粉末状の材料ですが、ターキーやアヒル、ウズラなどからできたものになります。

 

「牛・羊副産物」とは耳慣れない言葉ですが、これは肉以外の清潔な部位のこと。

 

具体的には毛や歯、蹄などを除き、内臓など人間が好んで食べない部位のほとんどが含まれていますが、栄養価は高いためエコな素材とも言えます。

 

ただ最後の「等」という表示では他に何が入っているか不安になってしまうため、できれば全ての原料を記載してほしいですね。

 

次に多いのが穀類。

前述したように肉食動物である猫にとって穀物は不必要にも思えますし、実際にグレイン(穀物)フリーのフードも増えてきています。

 

しかし、加熱された穀類が適度なバランスで配合されたものであれば、消化吸収に問題ないと考えられます。

 

また、穀類の食物繊維の働きによって毛玉の排出を助けるなどのメリットもあるのです。

VIVI
VIVI

毛玉になったらイヤだニャン。。😿

さらに細かく見てみると、総合栄養食としてバランスを取るためにビタミン類やミネラル類などが添加されていることが分かります。

 

これらは過剰・欠乏どちらも病気を引き起こしてしまうため、適切な量を摂取できるように添加されているんですね。

 

気になるのはそれ以外の添加物です。

 

ミサエ
ミサエ

酸化防止剤として『BHA・BHT・クエン酸』が添加されています。

 BHAは『(ブチルヒドロキシアニソール)とBHTは(ジブチルヒドロキシトルエン) の略』です。BHAとBHTは医薬品添加剤として、いわゆる酸化防止剤の事です。
クエン酸は『レモンやグレープフルーツなどの柑橘類に含まれる酸味』のことです。

キャットフードに含まれている脂肪分は、開封後空気に触れることで酸化してしまいます。

 

酸化したフードは味が落ちるため猫も嫌がりますし、下痢などの消化器症状を引き起こしてしまう事もあるため、保存性の向上のために酸化防止剤が添加されております。

 

使用されているクエン酸は自然由来のものですし、BHA・BHTは共に食品の添加物として指定されたもののため、添加物だけを大量にとらない限り、酸化防止剤による害はないと考えてください。

 

ただ、中にはローズマリー抽出液などの酸化防止剤もあるため、人工的な添加物を避けたいという方は自然由来の酸化防止剤を使用したフードをおすすめします。

また香料も気になる添加物の一つだと思います。

香料を添加するのは、嗜好性を高めるため。

嗜好性(しこうせい)とは『好んで食べるかどうかの指標』のことです。

人よりも嗅覚が鋭い猫は、匂いから「おいしそう」と感じているため、食いつきがよくなるというメリットがあります。

 

どんなに良い素材でできていても食べてくれないのでは本末転倒ですから、香料の添加は致し方ない気もしますね。

 

ただし、着色料に関しては不必要だと言えるかもしれません。

というのも、猫ちゃんは人間ほど色の識別ができないためです。

 

飼い主への見た目を良くするために添加されているものなんですね。

本当に安心して買えるの?リスクは?

原材料を詳しく見てきましたが、ここからはシーバシリーズを与えるうえで気になる3つのリスクについて見ていきます。

■塩分のリスク
■食物アレルギーのリスク
■肥満のリスク
それぞれ見ていきましょう。

 

まず1つ目は、塩分によるリスクです。

ミサエ
ミサエ

シーバ・デュオにはナトリウムが添加されているのですが、全体のミネラルバランスの値は表示されていません。

ナトリウム自体は猫ちゃんにとっても必要な成分であり、決して悪いものではないのですが、腎臓病などを抱えている猫ちゃんには向いていないと言えるでしょう。

猫ちゃんは水分をあまり摂取しなくても大丈夫なようにできているため、その分腎臓に負担がかかり、おしっこのトラブルが非常に多いです。

 

高齢になるにつれ腎臓病などのリスクも高まってしまいます。

 

腎臓病などと診断された場合は、療法食などもありますので、獣医の指示するフードを与える必要があるでしょう。

 

またシーバ・デュオはドライタイプのため、歯石がつきにくいというメリットがある一方で、水分の摂取が少なくなりがちです。

 

おしっこのトラブルを防ぐためにも積極的に水を飲んでもらえるようにお皿などを工夫するといいですね。

 

ミサエ
ミサエ

2つ目のリスクは食物アレルギーです。

猫も人間と同じように食物アレルギーを発症してしまう事があるんです。

 

食物アレルギーはたんぱく質に反応して起こるため、原因として一番多いのはたんぱく質豊富な肉類ですが、穀類がリスクとなってしまう場合もあります。

 

というのも、穀物に含まれているたんぱく質が原因となってしまうためです。

 

食物アレルギーの症状としては、下痢などの消化器症状や、かぶれや脱毛などの皮膚症状が挙げられます。

 

どの成分がアレルギーを引き起こしているのか特定するためには血液検査や除去食試験が必要になりますが、食物アレルギーと診断された場合は獣医のすすめる食物アレルギー対応のフードに変更した方が良いでしょう。

3つ目のリスクは肥満です。

シーバ・デュオは嗜好性の高さが魅力となっています。

嗜好性(しこうせい)とは『好んで食べるかどうかの指標』のことです。

脂質とカロリーもやや高めです。

 

VIVI
VIVI

デブはイヤだニャン。。😿

その嗜好性の高さゆえについつい食べ過ぎてしまうと、肥満のリスクも。

 

たかが肥満と思われるかも知れませんが、肥満による糖尿病などのリスクは見過ごせません。

 

室内飼育の猫は特に運動量が足りていないことが多いので、量はきちんと量って与えるようにしてください!

ミサエ
ミサエ

すでに肥満気味な猫ちゃんには、低カロリーのフードを与えてください!

■ウチのVIVIは室内飼いなので、主食としてシーバ・ディライト(室内猫用)を与えております⤵

■室内飼いでない場合はコチラ⤵

食の細い猫ちゃんにも低カロリーが良いでしょうね。

 

また、シニア猫に子猫用や成猫用のフードを与えてしまうと消化する際に内臓に負担がかかってしまいます。

 

シーバ・デュオには年齢に応じたラインナップが揃っていますので、年齢に合わせて変えてあげましょう。

 

製品そのもの問題というよりは、ライフステージに合っていないフードを与えてしまうことがリスク要因になってしまうのですね。

国産か外国産かどちらがいいの?

「国産」と聞くと一般的に安心・安全と言った良いイメージを持たれる方が多いのではないでしょうか。

 

国産のキャットフードを選ぶメリットとしては、流通までの時間が短く、新鮮なうちに手元に届くことが挙げられます。

 

日本国内でも様々なキャットフードが製造されていますが、実は国産だからといって安心できない事情があるんです。

 

日本国内で製造・輸入される犬猫用フードには「ペットフード安全法」が適用されています。

平成21年6月に施行された法律で、有害物質が含まれているものや国の基準に満たないものは販売を禁止することができるようになり、また製造業者や賞味期限等の表示が義務付けられることとなりました。

しかし、日本でのキャットフードの位置づけは「食品」ではなく、あくまで「雑貨」です。

 

その安全基準は人間の食品と比べると低く設定されているため、必ずしも法律によって安全が確保されているとは言えない状況です。

 

では、外国産はどうでしょうか?

 

アメリカやヨーロッパなどはペットフードの歴史も古く、ペット先進国と言われています。

 

ドイツなど、国によっては人と同じ品質「ヒューマングレード」を求められるなど、厳しい基準があります。

ヒューマングレードHuman Grade)とは、『人間が食べることのできる品質』という意味です。

またアメリカでは、米国飼料検査官協会でフードのたんぱく質やミネラル、ビタミンなどの栄養基準や表示などのガイドラインを作り、チェックが行われています。

米国飼料検査官協会とは、『ペットフードの栄養基準やラベル表示に関する基準を決めているアメリカの団体』です。

ペット先進国と呼ばれる理由はフードだけではありません。

 

動物の権利の尊重など、動物愛護の面でも日本と比べるとかなり進んでいると言えるでしょう。

 

ここで注意しておきたいのが、フードの原産国です。

 

本社とは違う場所で製造されていることも多く、シーバ・デュオの表示を見てみると、原産国はタイと記載されています。

とはいえ、日本で販売されている猫缶の多くがタイ産ですし、一概にどの国で生産されたものがいいという訳ではありません。

 

また原材料の生産地を明記していないものも多くありますので、国産・外国産問わず、信頼でき、ちゃんと実績があるメーカーを必ず選んでください。

他のフードと比較すると、人工的な添加物が使用されているなどやや劣る部分もありますが、全体的な栄養バランスや愛猫の食いつきから比較すれば、悪いフードではないのは確かです。

 

私も、愛用してから4年ほどたちますが、年齢や体調に合わせてあげさえすればリスクもさほど心配する必要はなさそうです。

 

カリカリ系もウェット系も食べたい!というグルメな猫ちゃんも満足してくれる商品なのではないでしょうか。

シーバ猫用シリーズを使用する時の正しい食事管理

まず、シーバシリーズの猫用には、ザックリ分けると2つの主食の種類があります。1つは乾燥したカリカリ粒系のドライフードと、2つは缶詰やレトルト状のウエット(フレーク)系フードです。

 

ミサエ
ミサエ

愛猫にどのご飯を与えるか、あなたも一度は迷ったことがあると思います。

2種類のフードが違う部分はどのような点でしょうか?

<ドライ系フード >

■良い点

・長期的にモチがよく乾燥しているため腐りにくい

・お値段がわりとお安くコスパが良い

■良くない点

・子猫など成長期の猫には不向き(カリカリで固いため)

・長期間同じモノを与えていると急に食べなくなる時がある⤵

<ウエット(フレーク)系フード >

■良い点

・ドライ系よりも食品添加剤や添加物が少ない

・缶やレトルトなので保存性が高い

■良くない点

・缶など一度開封すれば時間とともに鮮度が落ちスグに食べ切る必要がある

・ドライ系と比べて歯に食べかすが付きやすく歯に影響が出る可能性がある

このように、ドライ系フードかウエット系フードか形状はどちらでも問題ないので、猫ちゃんにとって一番シックり来るモノをきちんと選ぶ事が大切です。

✅年齢や成長期によって食事管理が全く違います!

猫ちゃんは基本的に、年齢や成長期によって食事管理のやり方が違ってきます。

 

ミサエ
ミサエ

ウチのVIVIにも、たまにはシーバ・ディライトだけに偏るのではなく、ウエット系のフードも交互に与えてるようにしております^^

特に子猫などは、生後7週目ごろまでに乳離れが終わって、カリカリ系の固い固形フードが食べれるようになります。

 

少し経つと、生後1年未満までの時期は、成猫用フードではなく、成長期に合わせた子ねこ用フードを与えるのが基本になります。

特に子猫などの成長期は成長が進むにつれてエネルギーやカロリーの摂取量がアップし、おおむね生後半年から8か月ほどでピークを迎えます。

 

その影響で子ねこ用フードから成猫用フードへのチェンジを早めてしまうと、成長期のカロリー摂取量に対応できず、その先の食生活に良くない影響が出る可能性があります。

 

正しい食事管理は、生後半年くらいまでの子猫ちゃんなら1日の食事量を4回くらいに分けて与えてあげてください。

VIVI
VIVI

この時期が一番食べるニャン!😺

その後、成長期を超えて成猫にステップアップしていけば、1日に与える量を2回~3回に分けて与えるようにしてください。

 

なので、年齢や成長期によってもキャットフードの与え方や食事管理は全く変わってきますので、エネルギーや正しいカロリー摂取量を意識して毎日の食生活を送らせてあげることが重要です。

✅正しい食事管理には愛猫の歯にも気を使ってあげてください

ミサエ
ミサエ

猫ちゃんにとって歯は食生活を送る上でめちゃくちゃ大事な事なんです!

基本的に猫ちゃんは、人間と違い虫歯にはなりませんが、キャットフードなどが歯にくっついたままや、食べかすが残っていると、『歯周病』になってしまいます。

 

その根本的な根っこの部分が『歯石』などが挙げられます。

 

以前はドライ系の方が歯石がつきにくいと言われていましたが、ふたを開けてみると歯石のつき加減はドライとウェット、対して差がない事がわかっております。

 

歯石がつく猫ちゃんとつかない猫ちゃんの差は、口の中にある菌の(さいきんそう・細菌叢)と呼ばれるものが差のようです。

■さいきんそう(細菌叢)とは?

さいきんそうとは、猫ちゃんの口の中に住み着いている細菌の1つです。

出典うぇる動物病院

この菌は親猫から子猫に伝染することが多く、親子でなくっても、一緒に住む2匹以上の猫ちゃん同士で移ることもあります。

 

さらには、人間の口の中にも菌があるので、人間から猫へ移ることもあります。

 

VIVI
VIVI

怖いニャン。。😿

歯石や歯周病を発生しやすい猫ちゃんは若いときから歯石がつくことに対し、歯磨きなどのケアをしなくても少しも歯石がつかない猫ちゃんもいます。

 

こうした歯の病気に対しての抜本的な解決策は『歯石除去』なんですけど、猫ちゃんのケースでは全身麻酔が必須となり、それが重い腰が上がらない根本的な原因となる方が多いようです。

 

そして、知らず知らず放置してしまい時間がだけが過ぎていくことになります。

 

麻酔なしでの施術では、一見キレイになったと思っても、歯周疾患の根っこの部分は治ってないので、根本的な改善にはなってないです。

 

麻酔なしでの施術で、猫ちゃんの歯石について多くのトラブルも全国的に出ていると行きつけの動物病院の先生が言っていたので、愛猫の歯に歯石や歯周病がもし出たら、すぐに動物病院で相談し『全身麻酔』で歯石除去を行うほうがいいと思います。

✅安全にシーバを使うなら猫の歯のトラブルも知っておきましょう

やっぱり安心安全にシーバを与えるなら、猫ちゃんの歯の状態も気にしておくことは大事かなと思います。

 

ミサエ
ミサエ

あなたは、ご自分の愛猫の口の中をじっくりのぞいたことがありますか?

猫ちゃんにも、人間とおなじく、乳歯と永久歯が見られます。

 

乳歯は、生まれた後2週間ごろから生え始め、約1ヶ月位で生え終わります。

 

永久歯は生まれた後4ヶ月頃から生え始め、一般的に半年頃には生え変わりが終わります。

 

ミサエ
ミサエ

すっぽ抜けた乳歯は、ほとんどのケースで猫ちゃん自体が自然に飲み込んでしまうため、飼い主さんはほとんど気付かないですね。。

余談ですが、猫ちゃんの歯はかなりとがっていて、肉食動物ですので、 歯周病や歯石がきっかけとなって歯の組織に発生する炎症で、口臭や腫れや出血などが考えられます。

 

これは、成猫の9割がかかっているともいわれるほど多い歯の病気です。

 

予防のためには、可能でしたら日常的に、最低でも3日に1度の歯磨きや歯のお手入れをしてあげてください。

いつもお世話になっている動物病院の先生の話では、猫は虫歯にはなりませんが、歯周病でご来院される猫ちゃんは多いそうです。

 

野生の猫ちゃんは獲物の肉を噛み切ることで歯がブラッシングされ歯石等が溜まりにくいと言われておりますが、人間と生活している猫ちゃんが食べるのはフニャフニャのウェット系や、手軽に食べられるドライ系です。

 

ミサエ
ミサエ

ドライ系と言っても、野生の猫ちゃんが獲物を食べる時の噛みちぎる固さと比べると、レベルが全く違います。。

猫ちゃんにとっての歯周病や歯石は私たち人間と同じく、食生活や食事管理の変化によって増えてしまった現代病の1つと言えます。

 

なので、猫ちゃんの理想の食生活を考えた時に歯も大事にケアしてあげられる飼い主さんでいたいものですよね!

まとめ・結局その愛猫にとって最適なフードを与える事が大事

これまで、シーバシリーズの安全性やキャットフードの国産・外国産の違い、猫ちゃんの歯にも気をつけてあげてくださいと言うことをお話ししてきました。

 

これは、国産かどうかにかかわらず、以下のような指標があげられます。

できるだけ無添加

栄養素が高くバランスが良い

穀物不使用

良くない原料を使っていない

国産でもフードの安全性で飼い主さんが最も心配なのは、食品添加物が入っていないか?猫ちゃんにとって良くない原料が入っていないか?栄養値が高いか?ということではないでしょうか。

 

ミサエ
ミサエ

人間が食べるものでも、添加物が含まれていないことを意識する人は急増していますから、猫ちゃんにも、ましてやご自分のかわいいペットですから、意識するのは当然だと思います!

国産のフードでも、香り成分を上げる香料や合成保存料、合成着色料などは、ガンや他の病気が起こる原因となったりするリスクが高まると言われております。

 

栄養値が高く、素材が高品質で猫ちゃんが健康で理想の食生活を送るということは、飼い主さんみな願うことですよね!

 

健康という意味では、そもそも肉食である猫ちゃんから見れば穀物はいらないモノだと言うことと、アレルギー体質な猫ちゃんでも安心安全に食べてもらうことが大事です。

国産以外のフードでも穀物不使用のフードでも、今の時代はどのフードでも高品質にできておりますので、色んなタイプのフードが販売されているご時世だからこそ、

愛する猫ちゃんにとって、最良のモノを与えてあげることが大事

だと思っております。

 

ただ、その反面、国産のフードでも安全面で不安なモノも少なからずあります。

 

国産のフードであげられる良くない点は、食品添加物が入っているモノも意外とあるという点です。

 

確かに、今の時代はどのメーカーのフードもそれなりに高品質に作られております。

 

ただ、食品添加物が全くのゼロでキャットフードを生産することは物理的に難しいと思います。

 

ミサエ
ミサエ

当然販売する企業も利益を出さないと存続できないわけですから、どこかの部分で安価である原料を使って、コスパをよくする事は致し方無いのかもしれません。

これは、全ての国産品のフードに当てはまることではありませんが、国産のフードを購入する時にも、適当に選ぶのではなく、愛猫に一番良いものを選んであげることが大切だということですね!

 

私はシーバシリーズ以外でも色んなモノを試して来ましたが、一番愛猫にシックり来たのはやっぱりシーバシリーズでした。

 

ミサエ
ミサエ

あなたがもし、愛猫のフードをどれにしようか悩んでいるんであれば、一度シーバシリーズを試してみてください。

それなりに、しっかり食べると思いますし、食いつきも良いと思いますよ^^

VIVI
VIVI

いつもありがとニャン!😺

それでは良き猫ちゃんライフを!今回は以上です。

【グラフあり】シーバ猫の最安値情報をお届け!どこよりも超わかりやすく!

 

この記事を書いた人

ミサエ
ミサエ
愛猫VIVIと暮らすネコ大好きマニアです!真冬の外で寒そうにしている野良猫だったVIVIを偶然見つけ、この子の親になる事を決意。一緒に暮らして早4年が経ち、今では可愛い過ぎて夢中。そんなネコ好きだからこそわかる目線で、いつもあげてるキャットフード『シーバ (Sheba) 』の豆知識や役立つ情報をお届けします^^

コメント