【猫用シーバ】主食と副食の区別は絶対にしてください!

シーバ猫用の豆知識
ミサエ
ミサエ

こんにちは。愛猫VIVIと暮らすミサエです!

このサイトでは主にシーバ猫用のお役立ち情報をお届けしております!

 

今回はシーバをお使いの方へ主食と副食の区別についてお伝えしていきたいと思います。

 

シーバは、主食としてのカリカリ系やフレーク系、スープ系などがあります。

 

その間に、おやつなどの間食系がありますが、副食などのエサはどこであげたら良いのか疑問に思う方もいらっしゃると思います。

 

なので、今回は

副食ってどれにあたるの?

主食と副食は分けなきゃいけないの?

そもそも副食っているの?

このような疑問について説明していきたいと思います^^

この記事の信頼性

管理人ミサエ・30代中年女性独身。。

1人暮らし・普通の会社員で経理を担当しデスクワーク。

朝9時~夕方18時までの勤務時間以外は愛猫の事が好き過ぎて頭から離れない(笑

休日はもっぱら愛猫とまったり。

愛用フードはシーバ(いろんなメーカーを試しましたが一番食べっぷりが良かったため)

4年間愛猫と暮らしておりそれなりに知識アリ

『VIVI』と名付けたメスの猫ちゃんと一緒に暮らしております。

【猫用シーバ】主食と副食の区別を絶対にすべき理由

猫用フードの主食と副食は、猫ちゃんの健康の事を考えるなら必ず区別しなければいけません。

猫主食

猫副食

ミサエ
ミサエ

そもそも猫用フードに『主食』と『副食』ってあるの?と思いませんでしたか?

VIVI
VIVI

ふむふむ。確かにニャー。🐱

一体、どれが主食でどれが副食なの?と私は愛猫がいながらずっとザックリとしか知らずにいました。

 

わかりやすく説明すると『主食』とは、基本的にその猫用フードとお水だけで健康的に生活出来るというもので、『副食』とは缶詰やパウチなどに多く、主食のサポート的おかずの役割を果たしているモノになります。

人間にも必要な栄養素があるように、猫ちゃんにも必要な栄養素がありますので、まず主食で必要な栄養を採った上で、副食を与えるかどうか、ということになります。

 

なぜなら、副食はご飯の代わりには決してないからですね。

 

そこでどれが主食でどれが副食なのか?という疑問が出てきますが、ほとんどが裏の表示に書いていて、主食は『総合栄養食』、副食は『一般食』や『キャットフード』と表示してあります。

猫の総合栄養食

猫の一般食

私は猫用フードに『主食』と『副食』があると知らない頃、寂しい思いをさせてしまった時や時々ご褒美として副食用の缶詰を食事の代わりに与えていた事がありました。

 

今思うと、区別が無い食事を与えていたような気がします。。

 

なのでこれから副食を与える場合は、必ず主食とセットにして与えないとダメです!

猫の主食と副食はセット

ミサエ
ミサエ

ちなみにSNSでもこのことは話題になっておりました^^

自分の子供に食事を与える時は、栄養の無いものは与えず炭水化物やたんぱく質、野菜などバランスよく与えるように考えてあげますよね?

 

当たり前ですが、味が美味しいからだけの理由で栄養価が低いものを食事代わりに日常的にあげ続けたりしないですよね?^^:

 

猫ちゃんも人間の子供と同じです。

 

必要な栄養をちゃんととらないと、健康な日常を過ごせません。

 

愛猫も子供と同じくらい可愛くて大事なはずなのに、フードについてちゃんと調べずに知識が浅かった事を今思うとVIVIには申し訳ないことをしていたなぁと思います。。

 

愛猫の健康の事を考えるなら、表示をしっかりと確認して、主食と副食はしっかりと区別しないと全く的外れな食生活になってしまいます。

 

食生活は、生きてく上で一番大事な事でここを適当にしていると知らず知らずのうちに猫ちゃんに異変が出てしまいますので、必ず主食と副食の区別はつけるようにしてくださいね。

副食用のご飯を知らずに主食としていると問題あり

人間も猫ちゃんも、口にする食べ物、つまり食事で体は出来ています。

 

なので副食用のご飯を主食としていると、猫ちゃんに必要なメインの栄養が足りないということになります。

 

確かに、副食用フードを実際に見てみると、主食よりも高いし、すごく栄養価が高そうだし美味しそうに見えるんですよね。。^^:

 

実際うちのVIVIに缶詰やパウチのご飯をたまにあげると尋常じゃない喜び方をするので、すごく美味しいのだと思います。

猫、副食食べる

ミサエ
ミサエ

それに私は缶詰やパウチのご飯を主食になるご飯だと勘違いしていました。。^^:

何故なら、副食の裏を見たら『キャットフード』や『一般食』って書いてあるので、疑問すら持っていませんでした。。

副食の説明

今までなんとなくのイメージで『若いうちはドライフードを食べた方がいい』とか『缶詰は高くて日常的にあげられない』とか『缶詰ばかり食べていたら太りそう』とか、合っているのか間違っているのかわからない勝手なイメージで、ギリギリ主食用フードを与えていましたが、うちのVIVIは副食用フードが大好きなので一歩間違えると、副食をご飯代わりに与えていたかもしれません。

 

いつも「これが主食だったらなぁ」「これをいくら食べても太らなかったらいいのになぁ」とか思います。。

 

でもやっぱりちゃんと必要な栄養は取らないと、毎日元気に過ごせないし、肌ツヤや、毛のツヤも悪くなるし、将来的に必ず健康に対して影響が出てくると思います。

 

ちゃんと猫ちゃんにとっての栄養を採らないと毛並みや、目、鼻、歯、体型、全てにダメージが出てきます。

 

なので、いくら猫ちゃんが『好きだからと言う理由だけで』副食フードばかりあげていたら確実に栄養は偏るし、副食しか食べなかったらお腹が減るらしく、主食は絶対に必要です。

 

ミサエ
ミサエ

知らずに副食を主食としていたり、猫ちゃんが喜ぶからって副食を主食の代わりにすることは大問題です!

愛猫の健康管理を出来るのは飼い主さんしかいません。

 

大事な愛猫のために、必ず主食と副食は分けて与えてあげてください。

【結論】そもそも副食っている?間食のおやつはダメなの?

とにかく猫ちゃんの食生活は、当たり前ですが主食がメインだということをお話ししてきましたが、その中で副食と間食のおやつはそもそもいるの?と言う事が疑問に浮かぶと思います。

 

主食でちゃんと栄養を採っているなら、副食やおやつは要らないのでは?色んな食材を買っていたら、経済的にも高くつくし主食だけ買って与えていたら良いのでは?このような事って考えたことありませんか?

 

ミサエ
ミサエ

私は、そう思っておりました。。^^:

VIVI
VIVI

そうなのニャ!?🙀

ただ、主食の他に副食やおやつを与える考え方としては、

食が細い猫ちゃんに少しでも栄養を採ってもらう為に副食を混ぜて与える。

病気をして早く治すために食べやすいスープ系などの副食から食べさせる。

猫ちゃんのストレスを無くすために、たまにおやつを与える。

このような考え方で、副食やおやつを与えるのは猫ちゃんの正しい食生活を守るためには必要な事です。

なので、ウチのVIVIの場合は「ん?具合悪いのかな?違うのかな?」という、食欲があるのかないのか判別がつかない時に副食をあげてみる。

副食やおやつ与える

それでも食べなかったら、「これはもしや体調悪いかも・・・スグに動物病院に連れて行こうかな・・・」と判断しています。

 

ただ、病院から貰った薬を嫌がって飲まない場合、副食やおやつに混ぜてあげたりするのはやめてください!

 

これはSNSでも話題になっていましたが、猫ちゃんは基本的にお薬が大嫌いなので、副食やおやつに混ぜて与えていると『もうそのご飯を食べない』可能性があります!

私は試す勇気がないので、ホントにこうなるのかはまだ体験していないのでわかりませんが、とりあえず体験した方達がこのような事を言っているので、混ぜないほうがいいかもしれません。。(汗

 

ちょっと話がそれてしまいましたが、結論から言えば時と場合によって主食だけだとごまかせないという事ですね。。

 

人間でも、主食のご飯ばかりではなくて、時にはスイーツだって、ポテチだって、唐揚げだって、ファーストフードだって食べたくなりますよね。

 

ミサエ
ミサエ

要は、猫ちゃんも同じですね!

VIVI
VIVI

んだニャー!😺

特にウチのVIVIは完全に室内飼いなので、一日の楽しみは食べる事だけなんです。。(笑

 

なので『少しでも楽しみを増やしてあげてストレスフリーを維持したい』、そう思っています。

 

それにおやつを食べている時の猫ちゃんって本当に幸せそうですよね!

 

「ちゅ~る~」と言うと、ちゃんと理解していて「ニャ~」と言ってスリスリ寄ってきます。(ちゅ~るじゃなくて、シーバなのに笑)

 

そして、食べっぷりがハンパないです^^:⤵

 

やはり、愛猫と飼い主の間に、このような時間も生きていく上で必要だと思います。

 

飼っている愛猫に楽しみを与えてあげられるのもまた、飼い主だけなのだと思います。

 

なので副食やおやつが絶対的な悪だとは思いません。

 

健康を配慮した上で、与え方や自分の愛猫に適した量をしっかり守ってあげることが大切だと思います。

好みに合わせて手作りご飯をたまにあげる事も効果的

手作りのご飯は、猫ちゃんの健康状態や病気など状態に合わせた食事を与えることができます。

 

例をあげると、便秘気味なら水分が多めの主食をあげる、ダイエット中なら低カロリーで食べごたえのある食主食をあげるなど、猫ちゃんに求められる食事をコントロールすることができます。

もっと言うなら、日頃の猫ちゃんの様子を見た上で食事メニューを自由に決めることができるので、いつの間にか知らないうちに愛猫のコンディションを感じ取ることができるようになります。

 

ミサエ
ミサエ

要は、それなりに猫ちゃんを飼う必要最低限の知識が身につきますね!

人間にご飯の好き嫌いがあるように、猫ちゃんにも好き嫌いや体に合う食材・合っていない食材があります。

 

手作りご飯やトッピングを与える状態でも、何種類かを試して猫ちゃんの好みや風習に合ったものを与えることが重要です。

 

また、普段から手作りご飯ばかりに偏ると、主食との栄養バランスが崩れることもあるので、まず第一には今までの主食をメインに組み立てトッピングから手作りご飯に入りましょう。

今まで何気なく食べていた主食をいきなり大きく変えると、猫ちゃんも感ずき食べなくなります。

 

基本的に、主食のフードと同じだけの栄養を手作りフードのみで取るのは、とっても難しいことです。

 

まずは、主食をメインのご飯にして、手作りフードは気分転換の意味合いや病気になった時を想定して週に1回程度与えましょう。

 

肉・魚などの食材によるトッピングです。

肉・魚などの食材によるトッピング

猫えさトッピング

しっかりと食べやすくカットして、少しずつ主食のフードに混ぜるのがキーポイントです。

 

いきなり多くの量を同時に与えることは控えてください。(猫ちゃんが警戒して食べない事があります)

トッピングする素材は、肉、レバー、お刺身の切り身、カツオなど好みに合うようにしてあげてください。

猫ちゃんに与えてはイケない人間が食べる食材

手作りご飯やトッピング選びでは、猫ちゃんが口にすると病気を起こすれっきとした食材があります。

 

ミサエ
ミサエ

つまり、これらの食材は与えてはいけない細心の注意を払う必要があります!

与えてはいけないモノ もし食べたらどうなる?
乳製品(牛乳やヨーグルト) 猫は乳製品を消化する機能を持っていないので下痢の原因になります
わさびやからし 辛い物を急に食べれば胃腸炎を起こす原因になります
チョコレートやココア チョコレートやカカオに含まれるポリフェノールが下痢や吐き気を起こす原因になります
人間用の薬 人間用の薬と猫用の薬は全く成分が異なるため、与えると中毒症状に陥ることもあります
炭水化物(ご飯や麵類) 人間の主食と猫の主食は全く違うため、与えると下痢や便秘などの原因になります

こういった類の食材を猫が口にしてしまうと、コンディションに悪影響を与えるため絶対にあげないようにしてください!

VIVI
VIVI

なんだか怖いニャン。。😿

これらの知識を、飼い主さんがいかに身につけているかで食生活から愛猫の健康管理が維持できるか、そうでないかの分かれ道になりますので、しっかりと覚えておいてくださいね!

 

それでは愛猫と一緒にストレスフリーな食生活を送って、良き猫ちゃんライフを楽しんでください^^

 

それでは今回はこの辺で。

この記事を書いた人

ミサエ
ミサエ
愛猫VIVIと暮らすネコ大好きマニアです!真冬の外で寒そうにしている野良猫だったVIVIを偶然見つけ、この子の親になる事を決意。一緒に暮らして早4年が経ち、今では可愛い過ぎて夢中。そんなネコ好きだからこそわかる目線で、いつもあげてるキャットフード『シーバ (Sheba) 』の豆知識や役立つ情報をお届けします^^

コメント