【やめさせる方法】愛猫が本気のガチでパンチ!怪我した時の対処法

愛猫のケガ
ミサエ
ミサエ

今回は、愛猫が本気のガチでパンチをしてきた時の対処法や、やめさせる切り口、パンチによってケガした時はどうするべき?について見解していきます!

愛猫の軽いパンチって飼い主さんからしてみたら、かなりカワイイ動作の一つですよね?^^

 

ただ、軽い場合です!そして、あまりにもしつこかったら、やめさせる手段を講じないと行けないだろうし、ガチの本気でパンチしてきたら怪我することにつながります!

 

私も実際にオス猫、メス猫の2匹を飼っていますが、猫同士の強いパンチや私自身にもガチパンチをしてきて指や足に怪我をしたことがあります。。

 

今回は、同じ経験をされた飼い主さんのために有益な体験談を混じりながら解説して行きたいと思います。

この記事の信頼性

管理人ミサエ・30代中年女性独身。。

1人暮らし・普通の会社員で経理を担当しデスクワーク。

朝9時~夕方18時までの勤務時間以外は愛猫の事が好き過ぎて頭から離れない(笑

休日はもっぱら愛猫とまったり。

愛用フードはシーバ(いろんなメーカーを試しましたが一番食べっぷりが良かったため)

4年間愛猫と暮らしておりそれなりに知識アリ

『VIVI』と名付けたメスのさび猫と一緒に暮らしております。

2匹目のオスの子猫も飼いました^^

愛猫がパンチを本気でやってくるワケとは?なぜなのか?

出典https://www.youtube.com

ミサエ
ミサエ

猫の前足から繰り出される猫パンチ!見ていて思わず「可愛い!」と思ったりしませんか?ましてや愛猫から猫パンチ食らったらもうメロメロな飼い主さんも多いハズ!

実は猫パンチには、隠された意味があるんですよ。どういうことでしょうか?その意味とは?

 

そもそもなぜなのかなんですが、猫パンチと言えば、たとえば、猫同士がケンカするときの攻撃のためだったり、獲物を追いつめて威嚇するためにパンチを放つことはご存知ですよね。

 

それ以外にも、猫が猫パンチをすることがあるんですよ。たとえば、飼い主にかまって欲しいときや、猫同士がじゃれ合って遊んでいるときにも猫パンチであいさつすることがあります。可愛いですよね^^

さらに猫パンチには、その使い方や使う状況により猫パンチの威力にも違いがあるのですよ。猫同士の喧嘩や獲物を捕らえるときに使う猫パンチは強力なものですよ。。これは猫の甘噛みやキックも同様です!

 

反対に飼い主さんにかまって欲しい時は、よりソフトに優しく猫パンチをするんですよ。不思議と言うかかわいらしいですよね^^

 

でも、ひとつ注意して欲しいことがあります!

 

それは、いつもは可愛いばかりの愛猫でも、非常に気持ちの高ぶっているときや不快な気分でいるときは思わず飼い主にも攻撃的になることがあります。

そう言うときに使う猫パンチは強力です。うっかりと手を出したりすると「フゥー」という威嚇音とともに強力な猫パンチが飛んできますよ。。・・・

 

猫パンチで怖いのは、パンチそのものよりパンチを繰り出したときにとがった爪で引っかかれることことです。つまりケガです・・・これは猫の尻尾にも同じ事が言えます。

 

引っかかれてそのままにしておくと「猫引っかき病」に場合がありますから、気を付けてください。本気モードの猫パンチには十分な注意が必要です。

やめさせる方法はある?愛猫が本気でパンチしてきたら

ミサエ
ミサエ

猫同士でじゃれ合うときや、飼い主さんと遊ぶとき、猫同士でじゃれ合って遊んでいるときは猫パンチには力はありません。そんなときは猫は爪を出していません。猫が本気モードではないからです。

ただし、遊びが高じてだんだんとエスカレートしてくると猫が興奮状態になり繰り出す猫パンチも勢いを増します。

 

猫が本気でパンチしてきたら飼い主さんや一緒に遊んでいた猫にも被害が及びます。私もこういう場面には、何回となく出くわしました。猫は一回、興奮してしまうとなかなか収拾がつかなくなる動物です。

 

でも興奮した猫をなだめるのも容易ではありません。そんなときは「ダメっ!」っと大きな声で警告を与えます。

それでも興奮状態が続くようだと続けざまに警告を与えます。警告は叱られたことを猫に学習して欲しいからです。

 

警告するときは笛を使うのも効果的です。猫は水を嫌いますからそんな場面に備えてあらかじめおもちゃの水鉄砲や霧吹きなどを用意しておくのもいいでしょう。

ただしこれは強めの警告になります。猫も飼い主に不信感と警戒心を持つようになりますからよほどの場面以外では使うのは控えましょう。

猫パンチを喰らい怪我した時の対処法3選!

ミサエ
ミサエ

猫パンチで怖いのは爪を出したままの猫パンチです。その猫パンチを喰らい怪我をしたこともこれまで何回か経験しています。。

たとえば、友人の千夏ちゃんが飼っている猫同士の喧嘩の仲裁に入って鋭い爪で手のひらと肘を引っかかれたこともあります。。^^:

千夏
千夏

あの時は本当にゴメンねー!

また、愛猫が家から脱走したときに無理して捕まえたときに、引っかかれたことや嫌がる愛猫の爪をきっているときに引っかかれたこともあります。

 

引っかかれて一番、怪我が大きかったのが猫同士の喧嘩の仲裁の時に受けた傷です。そのときの対処法を話します。

✅当たり前ですが傷口をまずきれいに洗い流す

猫の鋭い爪の威力はすさまじいです。猫パンチの瞬間、何かカミソリみたいなもので皮膚を切り裂かれたような感じがします。最初はピリッとした傷みですがしばらくするとズキズキとした鈍い痛みに襲われます。

 

その時に取った方法は、当たり前の初歩的なことですが傷口をきれいに洗い流しました。

 

結果的に、このとっさに取った方法が良かったのでしょうか。傷口に付いた菌を洗い流すことができました。

✅これも基本だが傷口を消毒しバンソーコー

猫パンチで怖いのは、猫ひっかき病です。ひっかき傷がよる傷口が腫れたり、膿んだり、発疹が出た場合は、猫ひっかき病を疑わなければなりません。

 

そのために傷口をきれいに洗い流したあとは、私はキズドライ消毒液で傷口である患部をきれいによく消毒しました。こういう緊急時に備えてキズドライ消毒液などは揃えて置くのがよいでしょう。

 

その後は、傷口が広がらないためにバンソーコーで傷口を固定します。

ミサエ
ミサエ

猫の引っかき傷にオススメなキズドライはこちら!

✅重度であれば何も考えずに病院に直行

重度に引っかかれて傷が残った場合は、最終的に病院で診てもらいましょう。引っかかれた後、傷口がズキズキとした痛みがある場合はなおさらです。これは猫のしっぽによる怪我にも全く同じことが言えます。

 

バルトネラ菌が体内へと入ってリンパ節が腫れたり傷口が潰瘍になったり重篤な症状を引き起こす原因にもなりかねません。

 

甘く見ていたら、注意が必要です。たとえ症状が自分で判断できない場合でも、念のために病院へ行って診てもらいましょう。

攻撃的な猫の理想的なしつけとは?

ミサエ
ミサエ

子猫の時期の最初のファーストステップが肝心です。パンチしてきたらすぐさま「コラッ!」と教育します。

怒号を放ったぐらいでびくともしない猫には、口先か鼻の上を指でビビッと軽く叩きます!

 

軽く驚かす程度にうっすらとたたきます。

 

攻撃的になると、猫にとって都合の悪い事がおきるという事を実践させることがホントに大事です。

 

例えば、強い本気のパンチをしようと認識できれば、その前に「コラッ!」としっかりお叱り、目と鼻の先で両方の手をパンと鳴らすと猫が次第に攻撃的になるのを自粛します。

仰向けになってお腹を見せたら気配りしましょう。お腹をなでて欲しいときやリラックスしいるときにもお腹を見せますが、このからだの状態になるとリラックスしているようで実は攻撃体勢でもあるのです!

 

それでも、なかなか改善がない猫には、霧吹きスプレーをかけるやり方もありますので攻撃的になれば試してみてください!

✅物静かな愛猫がいきなり攻撃的になった時は?

ミサエ
ミサエ

いきなり乱暴になったケースだと、第一の要因はライフスタイルから来る猫特有の「私生活の変化」が考えられます。そして発情期に多いです!

生活スタイルの変化⇒ニューエイジのペットや違う種類の猫が増えたりしてライフサイクルが変わった。

仕事が忙しく留守がちになった⇒飼い主さんが自宅を留守にする原因は様々ですが、一番大きい理由は仕事が忙しく家を留守にしがちなことです。これによって、愛猫は窓の外から野良猫を見て攻撃的になることもあります。

自己防御による攻撃的⇒過去に野良猫だった猫は、過去の経験から自己防御で攻撃性を持ってしまうことも。

このような切り口で、ついつい飼い主も猫の攻撃的変化に巻き込まれることも多々ありますので、最低限の知識を持って愛猫と豊かなライフスタイルを築いていきましょう!

自己主張が強い猫はどのような行動を取るのか?

ミサエ
ミサエ

これは同居している家族同士や猫に向けたアタックだと言えます。

■縄張り意識

■なですぎ

■相手にしすぎ(かまいすぎ)

などの関連性攻撃も誘発したりします。 簡単に説明すると、なにもしていないのに、たちまち猫が噛んできたり、攻めたりします。

そうは言っても、記憶をたどると、攻撃前の決まった形があるんですね!

 

飼い主が子猫のときから手や足などにおいてはしゃいだりしていると、ジワリジワリと、手や足に噛みついてくるようになったりします。その他の猫とはしゃいだことのない猫に特に多い兆候です。

 

そして、猫の突発的 「攻撃パターン」のサインはこれです。

■しっぽをピクピク起動させる

■耳を頭にベッタリつける

■相手をジッと見入る

■瞳孔が一回り大きくなる

■頭を押し下げる

■爪をむき出し感情的になる

■トーンが低いうなり声をたてる

このような切り口です。これに対する対処方法は、

■自宅を留守にするときには、部屋を別にする

■鈴をつけ行動をキャッチアップして、「しぐさ」が起こったら「大きな声」などで警戒させる

■猫同士がし~んとして静かにいるなら、おやつご飯をあげる

これも対処法や切り口の一つなので、意識してみてください。

この記事を書いた人

ミサエ
ミサエ
愛猫VIVIと暮らすネコ大好きマニアです!真冬の外で寒そうにしている野良猫だったVIVIを偶然見つけ、この子の親になる事を決意。一緒に暮らして早4年が経ち、今では可愛い過ぎて夢中。そんなネコ好きだからこそわかる目線で、いつもあげてるキャットフード『シーバ (Sheba) 』の豆知識や役立つ情報をお届けします^^

コメント