【うるさい⇒寝れない】愛猫の鳴き声に勘弁してほしい人必見!

愛猫の鳴き声
ミサエ
ミサエ

今回は、愛猫の鳴き声がうるさくて夜寝れない方にその対処法や、今からすぐにできる猫にとっても優しい鳴き声の減鳴法をシェアしていきます!

いつも、愛猫の夜鳴きに悩まされていて全く寝れない・・・もしくは、うるさくて勘弁して欲しいと寝不足気味のあなたには、この記事で正しい知識を身につけてください。

 

実際に私が普段のライフスタイルで実践して、効果があった方法をできるだけわかりやすくシンプルにまとめてありますので、ぜひ参考にして今日からでも実践してみてください。

この記事の信頼性

管理人ミサエ・30代中年女性独身。。

1人暮らし・普通の会社員で経理を担当しデスクワーク。

朝9時~夕方18時までの勤務時間以外は愛猫の事が好き過ぎて頭から離れない(笑

休日はもっぱら愛猫とまったり。

愛用フードはシーバ(いろんなメーカーを試しましたが一番食べっぷりが良かったため)

4年間愛猫と暮らしておりそれなりに知識アリ

『VIVI』と名付けたメスのさび猫と一緒に暮らしております。

猫の鳴き声がうるさくて勘弁!今まで聞いた事ないような鳴き声も

飼っているととても癒される猫ですが、ときどき鳴き声がうるさくて勘弁してほしいと感じませんか?いつもは穏やかに暮らしている猫が、飼い主が今まで聞いた事ないような鳴き声を出す時もあります。

ミサエ
ミサエ

何度も繰り返し鳴いたり、大きな声や鳴き方もいつもと違う時があります。

猫は、不安や危険を感じると、大きな声で鳴きます。「ニャオーン、ニャオーン」と飼い主に訴えて知らせます。繰り返し鳴くことで、飼い主さんに訴えかけるのです。これは猫の発情期の時でも同じです。

 

鳴き方によって、訴えている内容も違うようなので、猫を飼っている人は、だんだん鳴き声で猫が言いたいこと、要求がわかるようになるそうです。

猫が、いつもとは違う鳴き方をしていたら、すぐに猫の周辺を確認することをおすすめします。体調変化や、何か危険を察知している場合もあるのです。

 

例えば、見たことない虫がいるよ、とか、家族が危険な目にあっているよ、という場合もあるのです。

 

そのため、猫が今まで聞いたことない鳴き方をしていたら注意深く猫の様子を確認してみてください。怖がりの猫は特に、何か些細な変化にも気が付きやすいといえます。

こうしたことから、猫の鳴き声がうるさくて勘弁、と感じてもスルーせずに、猫のことをよく観察していきましょう!

猫の鳴き声が夜うるさくて寝れない!対処法はある?

夜になると猫の鳴き声がうるさくて寝れない方必見です!夜に猫の鳴き声がうるさくて寝れない時の対処法は、猫の満足感を高めてから寝ることです。

出典https://www.youtube.com/

では、その満足感とは?⇒猫が鳴く理由は様々ですが、飼い主に向かって、猫が何かを訴えかけているときに大きな鳴き声を出します。猫は、何かの不満を飼い主に伝えたいために、寝ている飼い主に伝えに行きます。

 

例えば、

✅ご飯が足りない時

✅ドアを開けて欲しい時

✅もっと遊んで欲しい時

✅トイレをきれいにしてほしい時

などです。

ミサエ
ミサエ

猫はもともと夜行性の生き物なので、昼間寝ていて、夜になると活動が活発になることがあります。よくあるのは、夜のリビングで猫が走り回っていてうるさいという飼い主の声です。

夜に遊びたい猫の場合は、寝る前にたっぷり遊んであげると満足します。自分のしたいことがあるのに、できない時に猫は飼い主に訴えかけるように「ニャーニャー」と鳴き声を出すのです。猫は夜でもお構いなしです。

そのため、猫の不満に思うことを一つ一つクリアにして、満足感を高めてから寝ることで鳴き声は対処できるでしょう。

 

夜に猫の鳴き声がうるさくて寝れない時の対処法は、猫の満足感を高めてから寝ることです。どうぞ今日から試してください!

ミサエ
ミサエ

より詳細に愛猫の鳴き声に関する改善に向けての書籍はこちら!

鳴き声がうるさくストレスなので強制的に黙らせるのはOKなのか?

かわいい猫と暮らしていると癒されますが、時には困ることもあります。鳴き声が非常にうるさくてストレスに思うことはないでしょうか。この鳴き声を強制的に黙らせるのはOKでしょうか?

ミサエ
ミサエ

答えは、NOです!

「猫を強制的に黙らせる」、というのは物理的に無理がありますし、何よりも自由を奪います。。猫は鳴き声を出すのが当然で、うるさい時があるのは仕方ないことです。それならどうしたらいいのか?と思った方もいるでしょう。

それは、猫がなぜそんなに鳴き声をあげるのか、何を飼い主に訴えかけているのかを汲み取って、その要求に応えることをおすすめします。

✅淋しがっている時は撫でてあげる

✅遊んで欲しそうな時は遊んであげる

✅お腹が空いていたらゴハンをあげる

✅どこかへ行きたそうな時はドアを開けてあげる

など、猫の要求にこたえてあげます。

ミサエ
ミサエ

逆に、束縛したり制限を与えてしまうと、ストレスになりパンチ暴れたりする原因になります!

猫は気まぐれな生き物ですし、自分が満足したら寝てしまう、ということはよくあります。満足させて、寝かしつける。これは人間の赤ちゃんと同じですね。

 

自分の要求が飼い主に伝わって、してもらえれば満足して寝ますよ!ただし発情期の鳴き声の場合は、猫本人もどうにもならないので、去勢や避妊の時期を含めて早めの対処を検討しましょう。

愛猫が叫ぶように鳴く時もある!これはどういうサイン?

飼っている猫が、たまに「ニャーオン、ニャーオン」と強く叫ぶように鳴くことはありませんか?それはなぜなのか気になりますよね。

ミサエ
ミサエ

ずばりそれは、猫がウンチがしたい時です!

猫は、もともと野生に生きる生き物なので、獲物をとって食べたり、外敵から身を守ったりすることが本能にすりこまれているのです。

自分の身の危険を感じると、叫ぶように鳴いたり、警戒心が強くなるのです。おしっこやウンチをする時というのは、人間も同じですが、敵が近づいてきてもすぐに逃げられずに無防備になる時なので、周囲への警戒心がいつもよりとても強くなります。

 

そこで、猫はウンチがしたくなると警戒心と恐怖心から、「ニャーオン、ニャーオン」と強く叫ぶように鳴きます!

中には、「ニャーオン、ニャーオン」と鳴きながら、すごい勢いで走ったり、飼い主さんに攻撃をして、パニックのようになる猫もいます。

 

もちろん、猫の性格にもよるので、ウンチの時に鳴かない猫もいますが、怖がりや慎重な猫にはよくあることなのです。

 

ですので、飼っている愛猫が叫ぶように鳴く時があったら、トイレに駆け込んだり、ウンチがしたいのではないか、と観察してみてください。それにしても、ウンチのたびに身の危険を感じてしまうのはかわいそうな気がしますね。

野良猫の夜泣きがうるさくて近所迷惑!?寝付けない日も・・・

ミサエ
ミサエ

飼っている愛猫もそうですが、たまに野良猫などの夜泣きがうるさくて近所迷惑だと感じている近所の人もいます。。

愛猫の場合は、飼い主さんがそのへんは極力コントロールできる範ちゅうだと思いますが、野良猫などの場合はそうはいかないですよね?

出典https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/

よく猫の夜鳴きは発情のシーズンだと言いますよね?ただ、野良に思え放し飼いであったりするケースがあります。飼主さんがわかっていたなら、外に出さないようにお願いするとかしたら鳴き声が改善の方向に向かうこともありますね。

 

更にはボランティアで野良猫に避妊去勢をしてみたりとか、何らかのボランティア団体か、愛護団体に一度意見を求めるのもアリだと言いますよね。

 

私の場合、最近はお庭にウンチをされることが少な目になったのですが、過去には三~四日程度に一回はされていました。。

 

庭の物置に生ゴミが混ざった袋を置いていたら、野良猫にドアを開けられゴミ袋をちぎって中身を開けて散らかることが度々ありました。。

その時から、物置に鍵をかけては正直不便になった経験があります!

 

その教訓から、庭に水撒きはしています。なぜなら、猫は水に塗れるのが嫌いです。

 

このように私と同じ経験がある飼い主さんは、物置に鍵をつけて水撒きすれば良いと思います。ホームセンターなどから安いモノが売っていると思いますので。

【まとめ】猫の夜鳴きを調整するには結局は飼い主側のしつけが大事

ウチのご飯はシーバを上げていますが、猫からすると、「ご飯を早くくれー、おやつ(シーバ)をくれー」とハシャぐ場合、ファーストステップとしてじっくりと粘り強くチラッとだけ見てスルーすることもしつけで大事なこと。

 

ミサエ
ミサエ

安静にしていたら定時にご飯。お利口にしていたらおやつと言う風に、キッチリとフィーリングさせて意識付けすることが大事なことです!

飼い主のアラートが欲しいがために鳴きまくる子も一緒で、安静中にだけ対応する事がポイントです。愛猫が、「私のこと見て」とされるケースになるとチラッとだけ見て、飼い主は自分のことにしげしげと一点集中する。

■鳴く=ご飯をゲットできない。

■静かにおりこう=ご飯をゲットできる。

の構図を育成させることが大事!

 

時間が生じてもこれさえ覚えさせるとかなり役に立ちます。いとも簡単にギブアップせずに一歩一歩続けましょう!

✅夜泣きが激しければいつもより食事を早め早めに

いつも朝にカリカリを与えている場合、食後のバイタリティーは消化後に100パーセントと言えるくらい活発になり、猫たちをルンルン気分とヒートアップさせてしまいます。このヒートアップが猫のグルーミングにも影響します。

 

これをとにかく意識の中におき、夜の食事はできる限り早く与え、消化とつぎ込む時間を与える事がポイントです。この場面でもいつも与えている定時の食事をしっかり守り、泣き止むとご飯が出て来るようなメカニズムです。

 

ここのケースでも「鳴く=ご飯をゲットできない。静かにおりこう=ご飯をゲットできる。」だということです!

 

そうしてからおネンネする前にはマンツーマンでアクティブにレクレーション(遊び)ながら、良質のコミュニケーションを図る時間を持ちましょう。

 

消化後のバイタリティーが解消されてポッカリとクタクタの状態になってもらうことを狙っています。

 

何日か時間が経って慣れてきたら、就寝時間を一緒にむかえるルーティンをたてましょう。 夕御飯が早いために、朝のカリカリを1回分のみ与えて、おネンネするのも深夜の夜泣きを防ぐひとつの方法です。

✅どれくらいのルーティンが必要なのか?

基本的には、2週間ほどかかる事がほとんどを占めそれをオーバーするケースがありますが、このような場面でもじっくりと根気強く我慢です!ギブアップすることなくキッチリ応じないようにします。

 

スペースが無い自分の家では、風呂場で鳴くと大声になって響きます。

 

その後睡眠不足になりながらもしげしげと寝たふりをキープする事約2ヶ月、その成果の表れは、同時就寝のルーティーンができるようになります。

 

しかしながら夜の食事が遅くなったり、寝入る前のレクレーション(遊び)が持てなかったっケースもあれば、朝のカリカリを忘れたなどなど。。このような基本的なルールを守るように飼い主さんは意識しておきましょう。

 

何はともあれ、人間は猫が既に生息するエリアにいつの間にやら間借りしていると思い描いているようですから、とにかくドアは猫のヒゲの幅にタイトに開け、上記のルールを守り、両者が過ごしやすいようにしましょう!

ミサエ
ミサエ

より詳細に愛猫の鳴き声に関する改善に向けての書籍はこちら!

この記事を書いた人

ミサエ
ミサエ
愛猫VIVIと暮らすネコ大好きマニアです!真冬の外で寒そうにしている野良猫だったVIVIを偶然見つけ、この子の親になる事を決意。一緒に暮らして早4年が経ち、今では可愛い過ぎて夢中。そんなネコ好きだからこそわかる目線で、いつもあげてるキャットフード『シーバ (Sheba) 』の豆知識や役立つ情報をお届けします^^

コメント