【ガチでOK?】愛猫がキュウリを食べる根拠は?栄養価や飛び跳ねるのは敵だと?

愛猫のライフスタイル
ミサエ
ミサエ

今回は愛猫がキュウリを食べる根拠や、栄養バランス、飛び跳ねて怯えるのは敵だと思いこむワケについてシェアしていきます!

あなたの愛猫はキュウリを食べますか?ウチの猫はキュウリを気分によって食べる時があります。

 

ただ、そんなキュウリが猫にとって良いモノなのかとか、そもそも栄養価は高いのか?この辺が飼い主さんからしてみたら疑問に思うところですよね?

 

そして、猫がキュウリを見た途端に飛び跳ねてビビるワケには、奥深いシビアな根拠がありました。今回はそのへんを取り上げて行きたいと思います。

この記事の信頼性

管理人ミサエ・30代中年女性独身。。

1人暮らし・普通の会社員で経理を担当しデスクワーク。

朝9時~夕方18時までの勤務時間以外は愛猫の事が好き過ぎて頭から離れない(笑

休日はもっぱら愛猫とまったり。

愛用フードはシーバ(いろんなメーカーを試しましたが一番食べっぷりが良かったため)

4年間愛猫と暮らしておりそれなりに知識アリ

『VIVI』と名付けたメスのさび猫と一緒に暮らしております。

2匹目のオスの子猫も飼いました^^

そもそも猫がキュウリで飛び跳ねるのは敵だと思いこんでいる?

出典https://www.youtube.com/

ミサエ
ミサエ

ホッとしてご飯を食べてるうしろ側にコッソリきゅうりを置くと、突発的にビックリしてスーパーな跳躍力をみせディフェンス態勢に入ります!

ネコはこの時きゅうりを敵と認識し、ためらうことなく臨戦姿勢にとどまるのです。

 

専門家で動物行動学者のジルゴールドマン氏の話だと、これはネコが最も嫌う「キュウリを爬虫類だと思っている」と口にしています。

わかりやすく説明すると、「長々しい緑の物体が、これまでアバンギャルドな危険な生命体と判定し無意識的に自己防衛しています」と言います。

 

同じように、きゅうりにビビり精神的な苦痛になるのだといいます。それにより、きゅうりを見ただけでこの先恐る恐る生きていくのだと彼女は言います。日本にも動物行動学会と言う組織があります。

✅専門家ジルゴールドマンは猫が飛び跳ねて驚かすのはNGと公言している!

出典https://www.youtube.com/

ミサエ
ミサエ

彼女は、「それはネコのためによくない」と注意を呼び掛けています。

「生き物に重圧をかけるのはやめるべきです。面白半分に行っているなら、人格がおかしい」と。

 

「よく猫にキュウリをコソッと横に置き、面白半分でユーチューブなどにアップしているユーザーがいますが、このような「低俗な」You Tube動画は、人々がネコをビビらせてないがしろにするプロセスに刺激をもたらします」と話しています。

これまでなかったおみやげや記念品などを猫のために持って帰るのはペットのメンタルなモチベーションになるが、ビビらせることが目当てであってはならないと彼は口にしています。

アグレッシブにネコをビックリさせれば、ケガしたり、あらゆる事を傷つけたり、長いスパンでのフラストレーションに至ったりする可能性があります。

「人間だって、新しい見たことないような物体を前触れなくすぐそばの至近距離で現れたら嫌でしょう。あるレベル以上距離が離れた、セーフティーでリスクがない距離で見たいと思うでしょう。それはネコさえも一緒の事なのです。」と語っています。

愛猫がなぜかキュウリ食べたけど問題ない?

ミサエ
ミサエ

猫にキュウリ?「えぇ!本当なの」「本当に食べて大丈夫なの」と疑問に思った飼い主さんも多いと思います。

結論から言うと、大丈夫です!猫にキュウリを食べても問題ありません。

 

キュウリはアメリカ動物虐待防止協会猫に安全な食べ物リストにも掲載されているとおり猫に有害な成分を含んでいません。ですから猫が間違ってキュウリを食べてしまっても与えても問題がないと言えるでしょう。

 

ただ、問題がないと言っても無理やりに与えたり、与えすぎると言うのは禁物です。与えていいのは、愛猫が欲しがっているときにだけにしましょう。

 

猫を飼っていると、色々な場面に出くわします。友人の千夏ちゃんが飼っている猫の中にもキュウリ好きの猫もいます。

千夏
千夏

ウチの猫もよくキュウリを食べるよー^^

最初は、猫がキュウリを食べている姿を見つけたときにはびっくりしました。(笑)食べているというよりも齧っているというほうが当たっているかもしれません。

 

ある日、台所の流しの横に置いていたキュウリが床に落ちていました。よく見ると齧った後がありました。愛猫の仕業かなと思いました。次の日もこっそりとキュウリを流しの横に置いて観察していると愛猫がキュウリを齧っていました^^:

 

キュウリを食べた後は、お腹でも壊すのではないかと心配になりましたが何も変化は見られませんでした。ネットで調べたりもしましたが健康不安の記事はありませんでした。

 

かかりつけの獣師さんにも尋ねましたが「大丈夫」と言う返答でした。

先生
先生

大丈夫です!

根拠は?愛猫⇒キュウリを食べさせる日常はOK?

猫がキュウリを食べても問題はないことは、前項でも述べたとおり「猫に安全な食べ物リスト」にも掲載されているとおり医学的にも問題ないとされています。

 

また、キュウリは野菜の仲間の中でも、世界一栄養素の低い野菜と呼ばれています。しかし栄養素が全然ないわけではありません。

 

含有量の少ない栄養素をたくさん含んではいますが、その栄養素は、猫が食べても体には害がないレベルのものです。

ただキュウリを愛猫にあげるときには、次のようなことに注意しなければなりません。

 

飼い主さんの家庭でも、キュウリは通常、冷蔵庫の野菜室で保管していると思います。水分を多く含むキュウリは冷たくなることが一般的です。その冷たいキュウリを愛猫にあげると体温が低下する恐れがあります。

 

漬物のキュウリやドレッシングをかけたキュウリを与えるのは絶対に止めてください!塩分など猫が摂取してよいレベルをはるかにオーバーしているために体調不良の原因になります!

 

そして、キュウリを与えるときは皮をむいてから与えましょう。キュウリの皮は意外と固いものです。皮付きのまま与えると胃に負担がかかります。

愛猫にキュウリ⇒栄養価はどうなの?意識すべきポイント

ミサエ
ミサエ

キュウリは、そのおおよそ95%が水分からなりたつ野菜です。

ほとんどが水分から成り立っているキュウリも栄養素は低いのですが、いくつかの栄養素を含んでいます。

 

キュウリには、

✅カリウム

✅βカロテン

✅ビタミンK

などの栄養素が含まれています。これらの栄養素は体に取り込まれた塩分を排出したり利尿作用を促したり、被毛の健康サポートや視力の維持、血液と骨を健康にするなどの栄養素を含んでいます。

 

つまり猫が食べても害になることは少なく、猫にとっては健康をいじするために必要な栄養素も含まれています。

 

猫にとってキュウリの栄養価は決して高いものではありません。同じ野菜の仲間よりも少ないと言ったほうが正確かも知れません。

キュウリは、低カロリーで水分が多いので、太り過ぎの猫や、水分をほしがっているいるときに水の代わりに与えることは問題ありません。ただ、キュウリを欲しがっていない猫に無理やり与えたりするのは止めましょう。

 

また、高齢の猫や胃腸や腎臓機能の弱っている猫に対してキュウリは与えないように注意しましょう。

愛猫にキュウリをあげる1日分の適正量は?やってはいけない事など

ミサエ
ミサエ

キュウリは猫に与えても問題ない野菜ですが、与えてもよい量は、その猫の体重や年齢によっても違ってきます!

キュウリは、ほとんどが水分なので与え過ぎるとお腹を冷やし過ぎたり下痢を起こしたりすることがあるので、もし、飼い主さんが猫にキュウリを与える場合は注意しなければなりません。

 

キュウリは栄養素の少ない野菜ですが、大量に摂取すると高カリウム血症をを発症する可能性があるので注意が必要です。

 

猫に与えても良いとされる適正量は、おおよそ4Kgの成猫で一日に15g程度と言われています。

子猫にキュウリを与える場合は、その適正量はぐっと少なくなります、生後12カ月の子猫の場合は、体重1Kgで0.2gが適正量とされていますので子猫に与えるのは考えたほうがいいでしょう。腎臓に障害が出ることも報告されています。

■基本的な一日の適正摂取量

✅4Kgの成猫⇒15g程度
✅生後12カ月の子猫⇒体重1Kg=0.2g程度

老猫の場合は、年を取り過ぎたことに消化器官が弱っている場合が考えられます。

 

私がいつも愛猫のVIVIに総合栄養食のシーバを与えています。時に食欲が下がってきたなと思えばシーバのウエットフードなども変えながら与えています。

 

猫も年齢を重ねるごとに体が貧弱になっていくので、老猫になった時にキュウリが役にたつかもしれません。

 

カリウムが含まれるキュウリは、カリウムが血液中に残ることで高カリウム血症を発症する恐れがあるためにキュウリを食べさせるのは絶対に止めましょう。

■カリウムとは?

カリウムは細胞内にいちばん豊富にあるミネラルだと言えます。人間が暮らして行く上でとりわけ土台となるミネラル分の一種です。

カリウムは、大人の人体に約120g含有され、大部分が細胞内に詰め込まれたミネラルの一部。カラダの内側を高水準の体調にキープするのに役に立っている成分。

ぜひ、今回の事を意識して愛猫にキュウリを与えてください!

この記事を書いた人

ミサエ
ミサエ
愛猫VIVIと暮らすネコ大好きマニアです!真冬の外で寒そうにしている野良猫だったVIVIを偶然見つけ、この子の親になる事を決意。一緒に暮らして早4年が経ち、今では可愛い過ぎて夢中。そんなネコ好きだからこそわかる目線で、いつもあげてるキャットフード『シーバ (Sheba) 』の豆知識や役立つ情報をお届けします^^

コメント