【愛猫⇒暴れる】ケージに入れたら共変する!なぜ?落ち着かせる方法3選!

愛猫のライフスタイル
ミサエ
ミサエ

今回は、ケージに愛猫を入れたら暴れるケースや、なぜ暴れて共変するのか?対処として落ち着かせる方法を体験談としてシェアしていきたいと思います!

愛猫をケージに入れている飼い主さんも多いとおもいますが、ケージ内で暴れまくる猫や、ケージに入れた途端に暴れる猫になぜ?と思いたくなりますが、そこには明確な理由があったんですね。。

 

興奮状態で、キリキリしている愛猫の状態を静かに落ち着かせるには、どのような行動を我々飼い主側は取らなければいけないのか?これを今回はお話ししていきたいと思います。

この記事の信頼性

管理人ミサエ・30代中年女性独身。。

1人暮らし・普通の会社員で経理を担当しデスクワーク。

朝9時~夕方18時までの勤務時間以外は愛猫の事が好き過ぎて頭から離れない(笑

休日はもっぱら愛猫とまったり。

愛用フードはシーバ(いろんなメーカーを試しましたが一番食べっぷりが良かったため)

4年間愛猫と暮らしておりそれなりに知識アリ

『VIVI』と名付けたメスのさび猫と一緒に暮らしております。

2匹目のオスの子猫(キキ)も飼いました^^

愛猫がケージに入れたら暴れる!なぜ?

ミサエ
ミサエ

お出かけの時や来客の際に、ちょっとケージに入っていてほしいなと思うことがあります。

このような時に我が家のVIVIとキキは、ケージの中でよく暴れます!

ちょっとでもケージに近づこうものならば、威嚇をするくらい興奮状態になってしまいます。このような経験、私だけではないでようで、猫を飼っているおうちの方に聞いてみると、毎回ではないにしろケージに入れると暴れてしまったり、ケージに入れようとすると逃げ回るということがあるとおもいます。。

 

これは、発情期や、興奮状態で猫が本気でパンチをしてくる時も気を使う必要があります!

普段はおとなしい我が猫ですが、ケージに入れる前、入れた直後、ケージから出した後などは手は付けられず、こちらが逃げてしまうようになります。

 

以前はケージが狭いからかな?(子猫時代からのケージだったため)と思っていたので、先日新しい大き目のケージに変えてみましたがやはりケージに入ると興奮状態。

出典https://www.youtube.com

広くなった分走り回ってしまい、本当に手が付けられない状態になってしまいました。広さではないとするとどんな理由でケージに入れたら大暴れするのでしょうか?

 

今のところ落ち着かせる方法が見当たらず、途方に暮れておりますが、どうにか落ち着かせる方法がないものかと、試してみることにしました。

暴れた後ケージの中で落ち着かせる方法3選

出典https://www.youtube.com

✅ケージに入れる時間を増やす

ミサエ
ミサエ

ケージ内で暴れてしまう理由として、常に部屋を自由にしていたのに突然慣れないケージに閉じ込められてしまい猫がパニックを起こしているということが挙げられます。

繊細な性格の子であれば、突然窮屈な場所に入れられたら逃げ出そうと暴れてしまうでしょう。

 

何回か入れることがあったのであれば、自分をケージに入れる飼い主のことも嫌いになってしまうかもしれません!

 

一番困る結果になってしまうでしょう。これでは猫も飼い主もお互い悲しいですよね。しかし、どのような理由があったとしても、それは人間の身勝手な理由であり、猫にとっては無理矢理入れられるわけです!

 

落ちついてもらうためには、まずはケージに入れる時間を増やして慣れてもらうようにすることが必要です。

ケージに一瞬でもいいから入ってみるということから始めて、少しずつ慣らしていくようにします。そして一晩ケージで過ごしても暴れなくなれば、急な来客などでケージに入れることがあっても落ち着いてくれます!

 

我が家の猫も徐々に慣らしていき、現在は夜はケージで過ごしてくれるようになりました。

 

我が家の場合は小さな子猫(キキ)がいて、ケージが一番安全な場所だということに猫が気がついてくれたのが一番の理由かもしれません。時間はかかるかもしれませんが、これが一番の方法だと思います。

✅ケージ内にお気に入りのおもちゃを準備する

ミサエ
ミサエ

ケージの中はいつもの部屋のように広くはありません。大好きなおもちゃを入れておいても、いつも通りに遊ぶことはできないでしょう。

ケージに猫を入れて外出などをする時には、いつも身近にあるもの(おもちゃなど)があると落ち着くようです!

 

我が家の猫の場合は、『猫じゃらしや、けりぐるみ』を常に数個飛ばして遊んだりしているのですが、そのおもちゃを部屋に入れて外出するようになってから、ケージへ入れる時に大騒ぎをするようなことがなくなりました。

遊んでいるような感じはありませんが、ケージ内の上に置いてあったりするので、自分で運んできているのだろうなというのが分かります。

 

人間でもそうですが、知らない場所などで落ちつかない時に使い慣れているもの、知っているものがあるとなんとなく落ち着くものです。猫だってきっと同じです。

 

お気に入りのおもちゃだらけでは、狭くて遊べずにストレスを感じてしまうかもしれないので、ケージの中には1つか2つあれば良いでしょう。外出時などには特におすすめの方法なので、ぜひ試していただきたいと思います!

 

逆にお気に入りのおもちゃがあると興奮するタイプの子もいるかもしれないので、試してみて興奮状態になってしまう場合にはやめたほうが良いかもしれません。

ミサエ
ミサエ

ウチの愛猫(キキ)にも使っているおもちゃはこちら!

✅ケージに布をかけて暗くする

ミサエ
ミサエ

急な来客時にどうしても猫をケージに入れなくてはいけないけど、興奮してしまってなかなか入ってくれないという時には、最終手段としてケージに入れてから厚地の毛布などを上からかけてしまいます。

なんとなく、もうし訳ない気持ちになりますが、ケージが暗い場所になることで興奮状態が早く収まり落ち着いてくれます。

興奮状態の時には暗い部屋に入れることや目隠しをすると興奮状態から落ちつくので、苦手なケージであってもケージ自体を暗くすることで落ちつくようになります!

 

ただ、最終手段的なものなので、毎回この方法を行うことはおすすめしません!慣れてしまうとケージ自体に今までよりも強く拒否反応を示してしまうこともあります。

 

布をかけたケージの時は落ち着いてくれたけど、部屋に話した瞬間大暴れをしてしまうこともあり、我が家の場合では最終手段として利用する以外は利用しませんでした。

 

布かける場合に気をつけてほしいのは、爪が引っ掛かるような布は使用しないことです。爪がひっかかってしまい宙ぶらりんになってしまっても気づけないことがあるので、つるりとした引っ掛かりのない材質の布を使用してください!

 

高さがあるケージなどの場合には、女性の場合布をかけることが難しいこともあるので、簡単に布をかけることができるケージの場合に試してみましょう。

2段と3段のケージは愛猫にとってどっちが良いの?

ミサエ
ミサエ

猫はアップダウンのアクションがお好みの動物ですので、ケージは広さよりも高さに重きを置くようにしましょう。

出典https://www.petline.co.jp

ケージはタワーと似たようなもので、階に区分されているものが大半を占め、最も下の階にトイレをセッティングし、上には寝る所やアクションをおこす行動スペースなどが充実したものをチョイスしてください。

 

そして、ケージ内でよくお水をこぼす猫ちゃんもいるので、やはりそのような事を考えたら2段が理想的ですね^^

 

ケージの寸法を決めるケースで、必ずセッティング場所の高さはどの程度スペースがあるのかもリサーチをしておくと、買い求めてから寸法がフィットしていない心配も不要でベターでしょう。

 

最適な高さは高めの2段になったケージです!これならばケージの中に愛猫を取り入れておいてもフラストレーションが生じることがない状態です。

ケージは高めの2段がオススメ

ミサエ
ミサエ

3段のケージにおいてはメンテナンスや掃除の時にずらしたり、上にあげるのも重くて正直しんどいです。。

それにより、高めの2段ケージがオススメです。

下に何かしらモノが落ちてしまったケースであってもササっと移動できます。 要は、過剰な力がいらない分クリーニングもしやすくメンテも楽です!

 

そして、ケージ選びですが、木製のものやプラスチック製といったバリエーションがあります。

 

いざという時に事故防止で、自然なフィーリングがチャーミングだからと、木製のものを選択する飼い主さんも大勢いるのですが、取りかかってから初めて買い入れるケージであればプラスチック製のほうがいいです!

 

うんちのニオイが染み込んでしまうことなどもなく、メンテナンス時の掃除も楽ちんです。

 

ケージ全体がさびる懸念もなく長期間使えてクリーンに維持できます。よごれやケージ全体を洗いたい時などもいつでも丸洗いができるのが利点ですね^^

 

ケージ選びに困ったら、ぜひ参考にしてください。それでは良き猫ちゃんライフを!

ミサエ
ミサエ

私も愛用している安くて使いやすいケージはこちら!

この記事を書いた人

ミサエ
ミサエ
愛猫VIVIと暮らすネコ大好きマニアです!真冬の外で寒そうにしている野良猫だったVIVIを偶然見つけ、この子の親になる事を決意。一緒に暮らして早4年が経ち、今では可愛い過ぎて夢中。そんなネコ好きだからこそわかる目線で、いつもあげてるキャットフード『シーバ (Sheba) 』の豆知識や役立つ情報をお届けします^^

コメント