【悪質業者排除】最悪な猫ブリーダーの見分け方や通報とリスト化がヤバい

愛猫のライフスタイル
ミサエ
ミサエ

今回は、猫のブリーダーで評判の悪い最悪な悪質業者の見分け方、通報のし方、リスト化されているのか等のお話をしていきたいと思います!

評判の悪い悪質な猫ブリーダーには様々な共通点があり、最悪の場合、見分け方などが素人目線では全くわからない場合が多々あります。

 

そんな時に、通報のやり方や、リスト化されているのか等の知識を認識しておくことは、今後ブリーダーを通して猫を譲り受ける時にものすごく役にたつことがあります。

 

実際に、私の友人なども専門業者からブリーダーを通して今の愛猫を譲り受けた友人もいますので、それらの情報や体験談から少しでも悪質で最悪なブリーダーから守るにはどうすれば良いのかをシェアしていきたいと思います。

この記事の信頼性

管理人ミサエ・30代中年女性独身。。

1人暮らし・普通の会社員で経理を担当しデスクワーク。

朝9時~夕方18時までの勤務時間以外は愛猫の事が好き過ぎて頭から離れない(笑

休日はもっぱら愛猫とまったり。

愛用フードはシーバ(いろんなメーカーを試しましたが一番食べっぷりが良かったため)

4年間愛猫と暮らしておりそれなりに知識アリ

『VIVI』と名付けたメスのさび猫と一緒に暮らしております。

2匹目のオスの子猫(キキ)も飼いました^^

猫ブリーダーで最悪な悪質業者とはどんな業者なのか

ミサエ
ミサエ

猫を新しく迎え入れたいと思っている飼い主さんが、最初に訪れるのは、ペットショップであったりブリーダーと呼ばれる専門の斡旋業者ですよね。

特に、血統書付きの猫を求めている場合には、ペットショップやブリーダーを頼ることになると思います。

出典https://www.youtube.com

実は、ペットショップに血統書付きの人気猫を卸しているのもブリーダーの仕事らしいです。つまり、ブリーダーが人気猫のほとんどを手掛けていることが分かります。

 

そのブリーダーですが、最近はよく悪い噂を耳にすることがあります。悪い噂とは悪質なブリーダーのことを指しているようです。この世界にも悪質業者はいるんですね。

 

しかし、私たちは、良心的なブリーダーか悪質なブリーダーかと言うことを判断するすることは簡単ではありません。。

例えば、ペットショップで売られている血統書付きの猫が、良心的なブリーダーによって産ませ、育てた猫なのか、それとも、悪質なブリーダーが関ったものかさっぱり見当が付きません。

 

ただ、ときどき、テレビや新聞報道で悪質なブリーダー業者が摘発されたとか、ブリーダー業者の仕事場が捜索を受けたと報道を耳にしたり目にすることがあります。

 

でも、そんな報道に触れても、何が問題で悪質なブリーダーだと言われるのかピーンときません。

ネットなどで検索してみると、悪質なブリーダーとは、動物愛護法を無視したり、正式に動物取扱業の届け出なしに違法にブリーダー業務に従事しているフリーダーを指して呼ばれているようです。これは、猫に限らず犬のブリーダーにも当てはまります。

 

中でも、問題なのは、虐待に近い環境の中で、猫や犬を飼い、子供を必要以上に産ませて、育て、売り払って利益をを上げているという事実です。

ただ繁殖のためにだけ、劣悪な狭いゲージの中に犬猫を閉じ込めて、子供を産ませ利益を上げているブリーダーがいるとしたらとても許せない行為ですよね。

即排除!猫ブリーダーの悪質はすぐに通報して対処しよう

私の飼っている猫の中には、ブリーダーが産ませて、育てたという猫はいません。ただ、野良猫から拾い育てた猫ですから、過去にどんなブリーダーが飼い猫に産ませて、育てられたのかも検討がつきません。。

 

つまり、愛猫たちはほとんど野良猫か捨て猫だったので、これまでは悪質なブリーダーということにあまりに関心がありませんでした。

出典https://www.youtube.com

しかし、悪質な犬猫のブリーダーの報道をたびたび耳にしたり、目にするようになって悪質なブリーダーに関心を持つようになりました。

 

もし、身近に悪質なブリーダーがいたら迷わず、最寄りの全国動物愛護センターに連絡してください!

そう思っていた矢先、同じ県内でブリーダーが摘発されたというニュースを聞きました。まさか、こんな近くに悪質なブリーダーがいたと知って驚きました。それが猫ブリーダーだったのです!

猫ブリーダーは、犬のブリーダーと違って大きな施設がいりません。アパートの一室でも可能な話です。また、猫は犬のように激しく吠えたり、鳴いたりしませんから周りの人に気づかれる恐れもありません。

 

一軒家で防音付きでカーテンなどで部屋を閉め切っていたら、部屋の中でどんなことが行われているかも分かりません。例えば猫をケージに入れたら共変するパターンも過去にブリーダーから受けた苦い経験や思い出があるからと一部では言われています。

 

それに、飼っている愛猫が急に乱暴的になりパンチなどをやって来る回数が増えた事や、子猫の期間中にミルクを飲もうとせずに暴れることも、何らかの過去に対する虐待的な何かを受けた影響がある可能性も否定できません。

 

悪質なブリーダーは、摘発されて排除されなければ犬猫への虐待は続くことになります。犬や猫の飼い主さんも周りを注意深く観察し悪質なブリーダーと判断したら通報するようにしましょう!

ペットをこよなく愛する女優の杉本彩さんも悲痛の声を訴えています!

猫ブリーダーの悪質業者はリスト化されている?

ミサエ
ミサエ

猫ブリーダーの悪質業者がリスト化されていることは、今までに、耳にしたことはあります。

悪質な猫ブリーダーのリストが公表されれば、飼い主となる猫の買い手もわざわざ悪質フリーダーから猫を購入するようなこともなくなるでしょう。

 

また、ペットショップで売られる猫が悪質ブリーダーによって産ませられ、育てた猫である可能性もぐっと低くなるでしょう。

 

しかし、現実はまだまだ厳しいものがあります。悪質なブリーダーとして自治体が業者への立ち入り調査を実施したとしても、直ちに、猫ブリーダーの業務停止や登録取り消しに至ったという事例はほんの少ししかなかったそうです。

行政が立ち入っても、指導、監督は出来るが、業務停止や登録取り消しは難しいいうことでしょう。

 

そのためには、動物愛護法の法改正や、業務停止、登録取り消しや罰金や過料などを強化して悪質なブリーダーを取り締まるとともに排斥していくような早急な取り組みが求められます。

 

ペットショップでは、よく犬や猫の買い手さんから、この犬や猫は信用のあるブリーダーさんが育てたものですかというような質問を受けると聞いています。

もし、そうであれば、悪質なブリーダーのリスト化が難しい現状を考えると、良質で信用のある優良なブリーダーのリスト化を図ったほうが買い手さんの安心感につながるような気がします。

悪質で最悪な猫ブリーダーの見分け方は?後で後悔しないために!

ミサエ
ミサエ

ブリーダーから猫を買うときには、悪質業者がいるので気をつけてください。猫などの愛玩動物は、ファミリーと一緒の位置づけです。

そういったファミリー同然の猫が売り物として利用され、悪影響を及ぼす状況下で飼われているとしたら、大丈夫な認識を持つ飼い主さんはいないです!

✅第一種動物取扱業(専門業者としての資格)があるか?

子猫はいくら金儲けのことを目的としてはないとしても、譲り受ける時にはお金がかかります。

 

なので、猫の飼育や売り買いというものに関しては国の法律で取扱業務の申請が必要不可欠です。業者の住所や会社名等をしっかりと明記されているのかリサーチしましょう!

✅病気やケガの履歴があるのかチェックを!

ちゃんと、専門業者として国の申請もしており運営しているのであれば、一定レベルまで信用してもいいでしょう! ただ、自生している猫におきまして知識やスキルが十分あるかとか、過去に病気やケガなどしていないか考慮しなければいけない項目もあります!

 

要は、遺伝子検査をして陰性であれば過去の履歴は少なくとも安心と言えます。

 

このような、購入しようとしている猫についての徹底的な知識も常日頃から学習しデータのやり取りも怠らす、自分達がデータをお願いした時にそれをステップバイステップで解説してくれるかどうかと言うのはプロとしてを見定める上での1つのベースになるものになります。

✅猫の見学を実施しているか

飼育している猫達がどの様な環境条件で生育しているかもちゃんとリサーチしておきたい所です。あまりに悪影響を与えるシチュエーションで飼育されていたら信じがたいです!

 

要は、見学希望の時に業者側が予定を合わせてくれたりなどさまざまな配慮をしてくれるかも重要です。業者側の都合だけを押し付けてくるブリーダーはやはり信用できません。

✅担当者とのコミュニケーションで信頼できそうか

ミサエ
ミサエ

実際に、猫を譲ってもらってそれで終了ではありません!

その後のお付き合いもあるので、長期的な目線で信頼できそうなのかがとても重要です!

 

万が一の時にサポートや助言をしてくれたり、猫の発育でトラブルなどあった時にもコンタクトを取り合えるようなコネクションになれるのがベストです。 その為にも、人としての円滑なコミュニケーションがその後も取れるのかが大事なポイントです。

評判の悪い猫のブリーダーとは?闇が深い

ミサエ
ミサエ

評判の悪いブリーダーや悪質なブリーダーを判断するのは一般の人には難しいと思います。。

しかし、例えば、買い手さんがあるブリーダーから猫を購入したとします。

 

それも、その施設の事務所や自宅に直接、伺って、実際に売られている猫や、飼育されている環境を見ればどういうブリーダーかある程度の予測はつくでしょう。

その時に、買い手に押し付けるように猫をすすめたり、過剰に安い価格で販売すると言われたり、また施設の中の見物を断られたり、見物できても、見るからに悪環境な施設で虐待に近い形で猫が飼われたりしていたらもう要注意です。

 

このような場合は、悪質な業者として判断してもいいでしょう。

悪質ブリーダーは、動物保護法に抵触しないぎりぎり行為を行ったり、登録免許を取り消しできないぎりぎりの行為でブリーダーとしての仕事をしようとします。

 

しかし、一部の悪質で悪徳なブリーダーは平気で法律を破りブリーダーとは名ばかりの劣悪な環境の中で虐待とも思える仕事をしている恐れは十分に推測できます。悪質ブリーダーの闇は凄惨でもっともっと深い気がしてなりません。

 

そういう悪質ブリーダーは、ブリーダーの世界から放逐しなければなりません。そうでなかったら犬や猫が可哀そうでなりません。

 

私たちの日頃の、注意の一つひとつがそう言った悪質なブリーダーを、この業界から追放することにつながります。お互いに注意して、悪質ブリーダーを排除していきましょう!ぜひ参考にして良き猫ちゃんライフを送ってください!

この記事を書いた人

ミサエ
ミサエ
愛猫VIVIと暮らすネコ大好きマニアです!真冬の外で寒そうにしている野良猫だったVIVIを偶然見つけ、この子の親になる事を決意。一緒に暮らして早4年が経ち、今では可愛い過ぎて夢中。そんなネコ好きだからこそわかる目線で、いつもあげてるキャットフード『シーバ (Sheba) 』の豆知識や役立つ情報をお届けします^^

コメント