【寝てる時にも!】愛猫が甘噛みキックを連発するワケ!理由は単純だった

愛猫が噛んでくる
ミサエ
ミサエ

今回は、愛猫の甘噛みキックに関することですが、寝ている時や甘噛みキックを連発する理由を明確にしていきたいと思います!

サビ猫を私は飼っていますが、毎日のように甘噛みキックを連発してきます。。^^:

 

獣医さんに聞けば、これにはある共通ポイントがあるらしく、甘噛みキックをしてくるには単純明快な理由がありました。今回は、そのシンプルな理由や原理原則についてシェアしていきます。

この記事の信頼性

管理人ミサエ・30代中年女性独身。。

1人暮らし・普通の会社員で経理を担当しデスクワーク。

朝9時~夕方18時までの勤務時間以外は愛猫の事が好き過ぎて頭から離れない(笑

休日はもっぱら愛猫とまったり。

愛用フードはシーバ(いろんなメーカーを試しましたが一番食べっぷりが良かったため)

4年間愛猫と暮らしておりそれなりに知識アリ

『VIVI』と名付けたメスのさび猫と一緒に暮らしております。

愛猫が甘噛みキックを連発する理由はコレ

ミサエ
ミサエ

愛猫と一緒に暮らしている飼い主さんなら愛猫の甘噛みキックはきっと経験されたことがあると思います。

愛猫の甘噛みキックはフムフムと同じくらいにかわいらしい仕草ですよね?

でも、この仕草も行き過ぎると正直に飼い主さんにも迷惑となりかねません!

と言うのは、愛猫がときどき前触れもなく、飼い主さんの腕や足を甘噛みしながらキックしてくることがあります。私の場合もよくあります。もちろん飼い猫の中のすべての猫がそうとは言い切れませんが。。

 

私の飼っている一匹のサビ猫は、まだ成長段階ですがよく私の腕に噛みつきながら蹴ってきます。「遊んでほしいのか」、「かまってほしいのか」はよく分かりませんが甘噛みキックの仕草をして私の周りをウロウロします。

最初のうちはかわいいのですが、愛猫が興奮してくると蹴りが急に激しくなります。そういうときは、「ダメ」っと叱ることにしていますがなかなか言うことを聞いてくれません。。(笑

 

よく観察してみると甘噛みキックは子猫に多い気がします。特に、乳離れのしない子猫に多いみたいですね。終いにはパンチなどで応戦シてくる時も!

 

子猫が成猫に向かって、甘噛みキックをしている光景などを見るとおやつを頂戴」とか「一緒に遊んで」などかまってほしいときのサインです。

寝ているときも!愛猫の甘噛みキックをやめさせる方法

ミサエ
ミサエ

起きているときにはともかく寝ているときも愛猫が甘噛みキックをする癖がついていたら飼い主さんも大変ですよね。。^^:

私の愛猫VIVIも、ときどきその仕草をします。

 

寝ているときに甘噛みするのはなんとなく気持ちとしては分かる気がします。多分、夢でも見ているのでしょうね。

 

甘噛みキックのパターンは、それぞれ猫によって多少は違います。腕に噛みつきながら蹴ってきたり、足をバタバタとしながら激しく 蹴ってきたりと猫のそれぞれの性格もでているのかなと思ったりもします。

ただ、激しく蹴られると痛いんですよね。半袖などの薄着 のときは蹴られて出血したりもしますから要注意ですね。

 

愛猫の甘噛みキックをやめさせる方法はいくつかあります。甘噛みのキックをするたびに大きな声で「やめなさい!」と注意するのも一つです。

甘噛みキックをするたびに注意していれば学習してそのうちに仕草をやめます。甘噛みキックをやめさせるグッズもあります。

 

「けりぐるみ」というグッズです!

猫が噛みつきながら、猫キックできる猫専用のおもちゃですがそれなりの効果は期待できます。わが家でもけりぐみを用意していますがお気に入りの様子です。

甘噛みキックが始まりそうな仕草をみせたら、すかさず猫じゃらしなどで甘噛みキックの気をそらすことも効果が期待できます。要は猫の遊び相手になってやることが大切です!

ミサエ
ミサエ

愛猫も大好きなおもちゃはこちら!

そもそも甘噛みとガチ噛みの見分け方は?

ミサエ
ミサエ

愛猫と長らくつきあっていれば、愛猫が今、甘噛みなのか。ガチ噛みをしているのかの違いは分かります。

甘噛みは、飼い主さんに対する愛情表現の一つですからかわいいものです。

 

猫の方でも飼い主さんに「甘えたいいな」、遊んで欲しいな」、おやつが欲しいな」など気を引きたいと思っていて行っている仕草ですからよく分かります。

 

一方、ガチ噛みは、猫の気分がすぐれないときや、怒っているとき、やめてほしいときなど感情の起伏が激しいときに行う仕草です。

こう言うときには、愛猫と言えども興奮状態にあることが多いですから注意が必要です。興奮状態で行うガチ噛みや足蹴りは、猫ひっかき病に罹ることもありとても危険です。猫の発情期によく見られる傾向です!

 

愛猫と暮らしていれば、甘噛みやガチ噛みをまじかで経験することになります。ああ、今、愛猫は甘噛みをしている最中なんだとか。いやいやこれはガチ噛みで危険な状態なんだとか判断することになります。

 

愛猫とのいい関係を続けていくことを考えるときに今、愛猫はどんな状態なのかということを観察することは大切なことです。

愛猫は特定の人や気に入った人にだけ甘噛みするの?

ミサエ
ミサエ

愛猫が特定の人や気に入った人にだけ甘噛みをするのは事実です!

わか家の愛猫も知らない人や気に入らない人に甘噛みをすることはありませんね・・・

 

猫の甘噛みは、安心する人や信用できる人への愛情表現だと思います。「ああ、この人だったら安全」だと猫なりに判断して行うのが甘噛みだと思います。

その他に、猫が甘噛みをする場合があります。それは、いっしょに暮らしている猫へのスキンシップの行為にも見られます。

 

中の良い敵対関係にない猫へは甘噛みの行為が良く見られます。特に、子猫同士によく見られます。お互いに、安心してスキンシップできる相手には甘噛みは特別な愛情表現なんですね。

 

なので、その時はいつも与えている餌に鹿肉などをトッピングしてあげたら尚喜んでガツガツ食べますよ!キュウリなんかもたまに食べる時もあります^^

わが家で飼っている猫のなかには、私と妻のどちらかに甘噛みをするか決めている猫もいます。同じ屋根の下で暮らしている家族でさえ甘噛みできる相手を選んでいるのですね。。そう思うとなんだか可笑しく思えます。

 

猫の甘噛みは、飼い主に愛情表現だととらえて問題はないと思います。ガチ噛みや激しいケリでない甘噛みだったら安心して見守ってあげて下さいね!

愛猫が指を噛み怪我をしたことも!切り傷ですぐにやるべき事

ミサエ
ミサエ

私の飼っているVIVIはとにかく、私の周りをウロウロしては、指などを舐めてきます。

舐めるだけなら良いですが、機嫌が悪いのか時にはガチで本気で噛んで来る時もあります!

 

その時に指を噛まれて怪我をしたこともしばしば。。^^:

結局噛まれて、指から血が出てくる切り傷などは数えきれないほどあります。。そういったケースでは、

■いち早く水で数分間洗浄します

■血が止まらないケースはキレイめなタオルやガーゼで流血を止めます

流血を止めるのに時間がかかると、傷口から菌を体に取り込んでしまうことになるので、洗ったらすぐに傷口を止めてバンソーコーなどで応急処置をしてください。

 

状況によっては、傷内部のケアが要になる点もありますが、それはかなり深い切り傷などの場合のみです。もし、そのような場合には、圧迫しながら状況が許す限りスピーディーにクリニックや病院へ行き、専門医に診てもらいましょう。

猫って噛み癖がついたりするのか?

ミサエ
ミサエ

甘噛みを続けさせていますと噛みグセがつき、成猫に成長しても飼い主さんを噛むように変化してしまいます!年を積み重ねると噛む力もパワーアップするため、スケールの大きい怪我に結び付くことも!

そのため、基本的には甘噛みをやり続けるのは基本NGです。

 

遊び道具を噛ませるなどして子猫の間にやめさせる癖をつけておいたほうが良いです!

 

ただ、クセを直すのは時間がかかりますが、猫にフラストレーションをためさせなければ快方に向かわせることはできます。

 

レクリエーション(遊び)などでフラストレーションをしっかり放出させて、イライラの頻度を抑制していきましょう。

愛猫のアゴや鼻をなでているのに噛んで来る時も!

ミサエ
ミサエ

愛猫への愛情表現を意識して手を伸ばすと、ビックリのガブっと噛まれてしまった!というような経験がありませんか?これに関しては思いがけず、愛猫の習性をきちんと頭になかった場合がほとんどです!

■触れ合う力が強すぎる

■タッチされたくないところをタッチする

■不安定な抱き方をする

このようなケースでは、不快感を覚えてガブっと噛むことがあります!

 

さらに、このようなしぐさは、噛む予兆とみていいでしょう。

■撫でていると、しっぽを上下や横にゆすり始める

■抱きかかえていたら必死でなんとか逃げようとする

よくわかった!では噛まれないためにはどうするべき?

これは、「指先にすえてソフトなタッチで優しく撫でる」のが基本的ですが、猫が好むゾーンも知っていきましょう。例えば、

■おでこ

■後頭部

■鼻周り

■あご周り

を撫でると猫は機嫌が良くなります!

 

基本的に猫は、飼い主の体へへばり付くことや、密着することには警戒心が強く、長いスパンでの束縛や、どこをタッチされるのかわからないケアは猫自身が心配になるため、抵抗感があることが多いです。

 

なので、猫がタッチされるのに抵抗感があるゾーンに常日頃からコツコツと触れ、慣れ親しむとともにケア中に他のことで気をそらせたり、ケアの時間を短縮したりするレクリエーション(遊び)が効果的です。

 

猫は、不意打ちなどスピーディーな動きにリアクションし、”狩りモード”に取り込まれやすい生物です。飼い主が早足で近くを通ったときなど、獲物と決めつけて噛みつくこともあります!

 

もっと言うなら、おウチでは運動が不足していて、退屈なのをよりどころにアタックしてくるケースも。このケースでは予兆を見定めることができないため、日常的に今回の記事内容の点を意識してライフスタイルをすごしましょう!

 

それでは良き猫ちゃんライフを!

この記事を書いた人

ミサエ
ミサエ
愛猫VIVIと暮らすネコ大好きマニアです!真冬の外で寒そうにしている野良猫だったVIVIを偶然見つけ、この子の親になる事を決意。一緒に暮らして早4年が経ち、今では可愛い過ぎて夢中。そんなネコ好きだからこそわかる目線で、いつもあげてるキャットフード『シーバ (Sheba) 』の豆知識や役立つ情報をお届けします^^

コメント