【すっぴん⇒ヤバい!】MISIA/昔の若い頃&メイクと私服がキレイ!

女性ソロボーカリスト
歪み系女子Rose
歪み系女子Rose

今回はMISIA(ミーシャ)のすっぴん姿や昔の若い頃など、メイクと私服をチェックしていきます!

「MISIA=すっぴん」と言うのが想像つかないんですが、彼女はどんなメイクや私服を着こなしているんでしょうか?

また、昔の若い頃はかなりR&B路線が強かったので濃いメイクをしていたんですよね^^:

今に至るまで彼女の顔立ちに変化はあったのか、スッピンから若い頃までを見ていきたいと思います。

MISIA/スッピンをリサーチ!

歪み系女子Rose
歪み系女子Rose

MISIAはデビュー当初からずっと、トレッドヘアーにバッチリメイクというイメージですがスッピンになったときに、どんな素顔なのかちょっと気になりますよね^^

出典https://www.youtube.com/

過去に、同じことを感じているファンからのこんな投稿もありました。

MISIA/評判

出典https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/

当時はまだメディアへの露出も少なかったので都市伝説的に語られることがあったのかもしれませんね。

情報筋で、デビュー後の彼女の完全スッピンという画像はさすがにないようです^^:

しかし、卒業アルバムの写真はあります!

MISIA/すっぴん

MISIA/すっぴん

ちょっとニュアンスが違う気もしますがスッピンであることは間違いないですよね。

さらにもう一枚、完全スッピンの写真がありました!

インスタに投稿されていたもので、幼少期の彼女だそうですよ。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ちょいだし MISIA(@misia.singer)がシェアした投稿

「かわいい」としか言いようがないですね。

彼女のスッピンが、なんとなく想像できるモノをチェックしてみましょう。

ステージ上やメディア出演のとき以外の彼女のすっぴんに近い状態です。

彼女がアフリカ支援活動をしているときの写真なのですがなんとなく、歌手MISIAとはちょっと違う感じがしますよね。

どことなく卒業アルバムのときの顔の面影が、残っている気もします。

MISIA⇒すっぴんでもナチュラルな理由は?

歪み系女子Rose
歪み系女子Rose

バッチリメイクのMISIAも、スッピンに近い薄っすらメイクの彼女も「まったく別人だな」って思うほどの違いは、ないような気がします。

ナチュラルな感じでどちらもMISIAなんですよね。その理由を、チェックしてみましょう。

MISIA/ナチュラル

MISIA/ナチュラル

きっと自分のスタイルに「ぶれない軸」みたいなものを持っているからじゃないでしょうか?

「歌」以外の彼女の活動から、その「軸」が見えてくる気がします。

一つ目は、アフリカを中心とした社会貢献活動です。

ザンビアで彼女が体験した現実についての記事があります。

MISIA/アフリカ

出典https://www.jica.go.jp/

彼女は、どんな状況でも将来への希望を見出しているんですね。

「現在の『支援する側』『される側』という関係は、10年後になくなっているかもしれないし、そうあって欲しいです」とのことです。

きっと、これがみんなに伝えたい事なのでしょうね。

もう一つの活動は、LGBT応援活動です。

2017年には台湾で行われた「15th Taiwan LGBT Pride」に参加。

2019年には日本にてLGBTチャリティイベントに参加。

MISIA

MISIA

2019年の紅白歌合戦ではレインボーフラッグと共に登場したことも話題になりましたね。

この件について、番組プロデューサーがインタビューで語っていました。

彼は「彼女だからこそ、ちゃんと伝わる」と確信していたそうです。

彼女流のスタイルにある「軸」とは「伝える」ということなのでしょうね。

MISIAの昔の若い頃はまさにR&Bの象徴だった

歪み系女子Rose
歪み系女子Rose

彼女がデビュー当初、日本の音楽シーンではR&Bやソウルといったジャンルがジャパニーズスタイルとして確立されていくような時期でした。

出典https://www.dailymotion.com/

彼女も女性R&Bシンガーとして話題になっていましたね。

日本人離れしたそのファッションも注目されていました。

2004年にファンから「日本人ですか?」なんて質問が投稿されています。

MISIA/評判

出典https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/

そんな彼女の原点みたいなものが感じとれる記事がありました。

MISIA/昔の若い頃

MISIA/昔の若い頃

出典https://www.tfm.co.jp/

R&Bとかヒップホップが凄く好きだったことや、外国から見た「アジアチックな女の子のイメージ」に対して「そんなの私の柄じゃない」と思っていたことなどが語られていますね。

そして彼女は、日本のR&Bシーンを作り上げていくのですが、2020年にはJAZZにも挑戦しているんですね。

彼女はこれを、いろんな音楽をミックスした「SOUL JAZZ」と名付けたそうです。

MISIA

MISIA

新しいものに挑戦していく彼女のスタイルも素敵なのですが自分の原点でもある「ソウルミュージック」からブレないところもまた彼女の強みなんですよね。

彼女は、自身が参加しているアフリカ支援活動について講演の中で「私の音楽のルーツであるアフリカ」と語っています。

MISIA

出典https://www.jica.go.jp

自分の原点を心から愛せるということもまた彼女の強みであり魅力となっているのでしょう。

MISIA風ベースメイク方法やファンデを解説!

歪み系女子Rose
歪み系女子Rose

見た目にもインパクトのある彼女ですからメイクについても話題になることがありますね。

MISIA/メイク

普段でもできる彼女風のメイクを紹介しているサイトがありました。

MISIA風メイク

出典https://ameblo.jp/

メイク方法として「リップにはファンデーションをつけて色味を抑える」なんていうポイントがあります。

MISIA風ファンデーション

出典https://mine-3m.com/

そんな彼女が歌う曲は、化粧品のCMにも結構採用されているんですよね。

彼女の歌のイメージに「美しい」「綺麗」といったものがあるのでしょう。

その中の一つが「Kose雪肌精」のCMソングです。

2007年の楽曲「そばにいて…」

出典https://www.youtube.com/

などなど、彼女の曲が松嶋菜々子とのコンビで使用されているんですよ。

こんなにレギュラー化されていたということは、彼女もこの商品をベースメイクやスキンケアのコスメとして使用していたのかもしれませんね^^

彼女へのイメージが美容や健康といった穏やかで平和的な感じだということなんですね。

MISIA/私服(ファッション)やブランドをチェック

歪み系女子Rose
歪み系女子Rose

ターバンやトレッドヘアーに象徴される彼女のファッションですが私服にもハイセンスを感じますよね。

MISIA/ファッション

MISIA/ファッション

彼女の服が、どんなブランドなのかも気になります。

彼女の私服についてチェックしていきましょう。

MISIA/私服

MISIA/私服

出典http://www.burantasu.com/

「えっ!これが私服なの・・?」と思うぐらい個性豊かです^^

彼女風の洋服ブランドもいくつか紹介されていますね。

ここへ寄せられたコメントには「いつも素敵」とか「自由で迫力ある」といったものがあります。

芸人ハイヒールモモコのインスタに投稿されていた私服であろう彼女とのツーショット画像を見ても確かに自由で少し迫力を感じますよね。

彼女は、私服も個性的なものをチョイスしているようですがやはり注目されるのは派手なステージ衣装ですよね。

他にも、仲がいいミュージシャンと言えば、クラシックギタリストでもある村治佳織さんです。

MISIA/村治佳織

出典https://spice.eplus.jp/

MISIAのステージで村治佳織がゲスト参加するほど仲がいいみたいですね^^

その他にも、東京オリンピック開会式の衣装は、特に話題になりました。

この衣装のデザイナー「トモコイズミ」こと、小泉智貴さんです。

MISIA/衣装

出典https://otekomachi.yomiuri.co.jp

レインボーカラーかと思いきやなんと30色も使用されていたんですね。

小泉智貴

出典https://ginzamag.com/

そしてその年の紅白歌合戦での衣装も「トモコイズミ」によるドレスだったんですよ。

「素敵なデザインのドレスで、色は淡いピンク MISIAさんの想いが伝わった」など、どのドレスもファンから絶賛でしたね。

彼女が与えてくれる驚きと感動にはいつも伝えたいメッセージがあるように思います。

本当に素敵で魅力的なソウルシンガーですよね^^

この記事を書いた人

歪み系女子Rose
歪み系女子Rose
ガールズバンドどっとねっと管理人の歪み系女子Roseです^^ギターが大好き、バンドが大好きGirlです!ガールズバンド全般やギャルバン、パート別にボーカリスト、ギタリスト、ベーシスト、ドラマーなどを追っかけます!メジャーなガールズバンドはもちろんのコト、マイナーで今後ブレイクしそうなバンドも多岐に渡ってピックアップ!

コメント