【何ヶ月まで?】愛する子猫がミルクで暴れまくる!哺乳瓶がない時の代替品はコレ!

愛猫のライフスタイル
ミサエ
ミサエ

今回は、飼っている子猫がミルクを飲む時に暴れまくる行為や、最初にミルクを与えてから何ヶ月まで与えれば良いのかをシェアしていきたいと思います!

子猫にミルクをあげても暴れまくり、中々飲んでくれない悩みってありませんか?

 

さらに哺乳瓶やミルクがすぐそばになくて、代替品に困った経験などもありませんか?

 

実は私も、最近になってキキと言う子猫を飼いだしてミルクのあげかたや、哺乳瓶を買い忘れて困ったことがありました。。今回はそんな私の体験談からミルクに関しての問題、悩み事などを解決に向けて言及していきたいと思いますので、参考にしてください。

この記事の信頼性

管理人ミサエ・30代中年女性独身。。

1人暮らし・普通の会社員で経理を担当しデスクワーク。

朝9時~夕方18時までの勤務時間以外は愛猫の事が好き過ぎて頭から離れない(笑

休日はもっぱら愛猫とまったり。

愛用フードはシーバ(いろんなメーカーを試しましたが一番食べっぷりが良かったため)

4年間愛猫と暮らしておりそれなりに知識アリ

『VIVI』と名付けたメスのさび猫と一緒に暮らしております。

2匹目のオスの子猫(キキ)も飼いました^^

愛する子猫にミルクは何ヶ月までが理想?

ミサエ
ミサエ

今回は、子猫のミルク事情についてお話ししていこうと思います。

子猫は見た目はもちろん、ピョンピョン動き回る仕草がとてもかわいいですよね!我が家にも生後8ヶ月になる女の子(キキ)がいます。毎日とても癒されてます。

 

さて「愛する子猫にミルクは何ヶ月までが理想?」ということですが、一般的に2~3ヶ月と言われています。3ヶ月以降はペットミルクとして、また、ドライフードにふりかけたりして食べさせてあげると良いです。

ただ、ミルクは栄養満点の為、いつまでも与え続けていると肥満の原因になってしまいます。注意しましょう。

 

我が家のキキは、生後4ヶ月頃までミルクを飲んでいました。我が家に迎え入れた時は生後3ヶ月頃でしたが、少し体が小さいということもあり、いつも与えているシーバのドライフードウエットフード半々で一緒に与えていました。

ミサエ
ミサエ

生後間もない子猫や、数ヶ月の子猫にはエサをふやかして与えたほうが食べてくれます。

成長していくにつれてミルクをあまり飲まなくなった為、そのタイミングで量を減らし、回数を減らして卒業という流れになりました。

簡単にまとめると、

○生後1~2週間・・・ミルク
○生後2週目~2ヶ月・・・ミルクと離乳食
○生後2ヶ月~3ヶ月・・・ウエットフードとミルク
○生後3ヶ月~4ヶ月・・・ドライフードとミルク
○生後4ヶ月~・・・ドライフード

が我が家のミルク事情になります!

 

子猫によって時期やタイミングは違います。私の場合を参考にいただくか、不安な方は獣医さんや専門家の方に相談しましょう。

子猫にミルクを与えると暴れまくるワケは?どうすればいい?

ミサエ
ミサエ

子猫がミルクを飲む時に暴れてしまい、とても大変な思いをした飼い主さんも多いはずです。。

私も中学生の頃、生後1,2週間と思われる子猫を保護し、お世話をしていましたが、正直辛いなと思ってしまいました。。ケージ内で暴れるのと同じですね。。

 

当時インターネットは普及していましたが、今の様に情報があまりなく、病院の先生に言われたことだけを行っていました。さて、子猫がミルクを飲む時に暴れてしまうにはいくつか理由があります。

✅ミルクを与える時の姿勢

出典https://www.youtube.com

猫は人間と違い、四足歩行で地面と近い生活をしています。

 

その為、ミルクを与える時、抱っこして宙に浮いた状態になると不安になってしまうことがあります。子猫はまだ周囲の状況を上手く把握できない為、パニックを起こして足をバタバタ動かしてしまうのです。

✅上手にミルクが飲めない

哺乳瓶が口に合わなかったり、穴が小さい。また、姿勢が悪かったりすると上手に飲めなくイライラしてしまう。それが原因で苦しく感じて暴れてしまうのです。

✅子猫の習性

子猫は母乳を飲む時、より母乳が出やすくなるように前足で母親のおっぱいをマッサージするようにしながら飲みます。そのなごりが足をバタバタさせてしまうのです。

これらをふまえて、子猫にミルクを与える時は

○自然に近い姿勢(うつぶせ)
○哺乳瓶のチェック(ミルクの出の良し悪し。逆さにしてポタポタ垂れるぐらいがベスト)
○タオル等で包む(母親を連想させ、安心させる)

これらを意識すると良いでしょう!

ミルクや哺乳瓶がない時は代替品は何がいい?

ミサエ
ミサエ

飼い主さんの中にはペットショップから子猫を迎え入れた方と、捨てられてしまった、野生の子猫を保護した方とがいると思います。

特に保護した方は急なことでミルクやエサ、哺乳瓶がなく、どうしようかと困ったはずです。そんな時ミルク・哺乳瓶の代わりになるものを紹介します。

✅人間の赤ちゃんのミルク

えっ!?人間と猫だよ?大丈夫なの?と思われたと思います。はい、大丈夫です!

 

人間用のミルクも子猫用のミルクも基本的には同じ材料が使われています。しかし「乳糖」という
猫には消化しずらい成分が入っている為、吐いてしまったり、下痢をしたりする可能性があります。与える時は分量通りではなく、2,3倍に薄めたものを飲ませるようにしましょう。

✅猫専用の牛乳

私たちが普段飲む牛乳は基本ダメです!

 

「乳飲料」「加工乳」は人間用に加工されており、人間の赤ちゃんのミルク同様に上手く消化できない子猫もいます。なので、必ず猫専用の牛乳にしてください!

そして、与える時は少々水で薄め少し温めてあげると良いでしょう。

✅注射器

出典https://www.youtube.com

意外かもと思われるかもしれませんが、実は哺乳瓶がない場合は注射器でもOKです!

 

猫の種類によっては、哺乳瓶より注射器のほうが飲みやすい猫もいます。哺乳瓶より口が小さめなので、生まれたての子猫には注射器のほうが飲みやすいようです。

✅ストロー

ミルクは用意できたけど哺乳瓶がない・・・。そんな時はストローで大丈夫です!

 

スポイトやシリンジがあれば良いのですが、そんな都合よくは無いですよね?ストローの使い方ですが
ミルクを吸い上げて上を指で押さえる。ストロー下を子猫の口元に持っていき飲ませる。これだけです。

 

ポイントとしてストローはなるべく穴の小さいもの、飲んだと思ったら一度口元から離すと良いです。そのまま飲ませていたら勢いがよかったのか、ストロー内のミルクが全て出てしまい子猫がミルクまみれになった経験があります。

✅綿棒・ガーゼ

哺乳瓶もない。ストローなどもないときは綿棒・ガーゼも代わりになります。ミルクを吸わせ、舐めさせるようにあげるだけです。

 

ただ量が少なく、きちんと栄養がとれない可能性があるので最終手段として考えるのが良いと思います。

 

以上、ミルクと哺乳瓶の代替品を2つずつ紹介しましたが、これらはあくまでも緊急な時だけと思って下さい。子猫限りませんが、赤ちゃんは免疫力が弱く些細なことで体調を崩してしまいます。

 

苦しい思いをさせない為にも、準備や知識をしっかりとつけていきましょう。

代替品がない時は最悪コンビニにもある?

ミサエ
ミサエ

子猫に与えるミルクなどの代替品がどうしてもない場合、最悪コンビニに代替品が置いてあるコンビニもあります!

代用ミルクを手作りして与えることもできますが、「乳飲料」や「加工乳」などの牛乳は子猫の身体に合わない素材が含まれているので、さけたほうがいいと言えます。

そのような時に代替品がない場合、まずはコンビニに行ってみましょう。ペットショップのようなバラエティーに富んだ取り揃えはないですけど、子猫用のミルクなどをストックしている店舗も見られます。

 

身近な所にいくつかあるようであれば、出来る範囲で足を運んでみてください。ミルクをストックしている可能性の高いコンビニは、「セブンイレブン」「ミニストップ」だと言えます。

これらは、自社商品で猫のエサを販売しているので、ミルクも店舗に並んでいるケースがあります。

 

どれを選んだら良いのかわからない場合は従業員に聞けばいいと思います。(ただし、従業員がアルバイトやパートらしい人だったら全く知識がない可能性が高いです^^:、できれば店長や責任者に尋ねるほうがいいと思います。)

子猫が鳴きまくって全くミルクを飲まない時!無理に飲ませる必要はない?

ミサエ
ミサエ

子猫が「ミャーミャー」鳴いているの姿、とても可愛いですよね。逆に、子猫がずっとないていて心配になった経験がある方もいると思います。

子猫が鳴く主な理由は、コミュニケーションをとる為だと言われています。子猫は一人では生きていけない為、母親の助けが必要です。

 

その為、子猫は鳴くことによって自分の気持ちや思いを母親に伝えているといわれています。生後1か月ぐらいの子猫はお腹が空いている時か、排出がした時に大きく鳴くと言われています。夜泣きなどもそうですね^^:

鳴きまくって全くミルクを飲まない時は排出をさせてあげると良いでしょう。まだミルクをメインとしている時期は自分で上手く排出することができません。これは猫の発情期なども気を配ることが大切です。

 

母親がいれば子猫の股間や肛門を刺激して排出を促すことができますが、私たちが母親代わりになる時は、ティッシュやコットンで股間や肛門を優しく刺激して、ティッシュなどに色がつかなくなるまで続けると良いでしょう。

 

排出が無事終わり、お腹が空いていればまたミルクを飲み始めるでしょう。無理に飲ませる必要はありません。子猫にもたくさん飲む子、飲まない子がいます。この時に甘噛みやキックなどをしてくる子猫もいます^^:我が家のキキがそうでした。。

 

しっかりと観察してその子の特徴を確認、理解することが重要です。ただどうしても飲まない時は最寄りの動物病院へ相談にいきましょう。勝手な判断で子猫を危険にさらさないようにしましょう。

 

いかがでしたでしょうか?子猫のミルク事情について少しでも参考になれば幸いです。子猫を迎え入れる時は準備と知識を忘れずに、楽しいネコライフを満喫しましょう!

ミサエ
ミサエ

今回ご紹介したミルクがない時の代替品はこちら!

この記事を書いた人

ミサエ
ミサエ
愛猫VIVIと暮らすネコ大好きマニアです!真冬の外で寒そうにしている野良猫だったVIVIを偶然見つけ、この子の親になる事を決意。一緒に暮らして早4年が経ち、今では可愛い過ぎて夢中。そんなネコ好きだからこそわかる目線で、いつもあげてるキャットフード『シーバ (Sheba) 』の豆知識や役立つ情報をお届けします^^

コメント