kemio(けみお)の高校大学や兄もゲイ!?名言や青山テルマが好きなの?

個性派モデル




今回は、kemio(けみお)さんの高校、大学や兄はゲイなのか、名言や青山テルマが好きなのかについてピックアップしていきたいと思います!

 

kemio(けみお)高校大学時代の卒アルなどと、兄もゲイなのか!?についてみていきましょう!

 

kemio(けみお)には名言があり、面白いと評判です。また青山テルマとの仲などはどうなんでしょうか?

 

あなたは、kemio(けみお)のゲイについてどう思いますか?

 

ゲイというのは日本語でいうと同性愛者のことを指します。

 

同性愛者というのは世の中にたくさんいます。

 

昔はそんなこと絶対に口にできないのが普通でしたが、現在は結構自分が同性愛者というのを公言している人がたくさんいます。

 

とくにテレビ番組などで有名人などがカミングアウトする場合も多く世の中に同性愛者ということが世間で広まりました。

 

日本では同性愛者の結婚はまだ認められていませんが、世界では認められている国もあります。

 

そんな同性愛者ということをカミングアウトした人がいます。

 

それがkemioさんです。

 

今回はそんなkemioさんに注目してピックアップしていきたいと思います。

 

Kemioさんについてもっと知りたい、これから知りたいという方は必見です!

 

では、さっそく行ってみましょう。

スポンサードリンク

kemio(けみお)のプロフィールや生い立ちなど!

Kemioさんは、けみおと呼びますが、本名は黒澤 健太(くろさわ けんた)さんといいます。

出典https://www.youtube.com

生年月日は、1995年10月16日生まれです。

 

出身は、東京都出身になります。

 

現在は、男性歌手として、モデルやタレントとして活動されています。

 

Kemioさんは、ハーフです。

 

母親は日本人で、父親はイタリア人とイラン人のミックスになります。

 

しかし、悲しいことにkemioさんは2歳のときに両親を事故でなくしてしまい、それ以降は祖父母に育てられていました。

 

Kemioさんは、物心ついた時から目立つことを好んでいました。

 

小学生時代は廊下を水浸しにしたろり、意味もなく騒ぐなどして教師に怒られる問題児でした。

 

そんなkemioさんは幼少時からアイドルを目指していたそうで、小学生の頃から書店でオーディション雑誌などを読んで情報収集していたそうで、一般人が参加できる企画に応募したりアイドル事務所に履歴書を送っていましたが、どれも採用されませんでした。

 

しかし、人前に立つことを諦められなかったkemioさんは、目標をテーマパークダンサーに切り替えてダンスを習い始めることにしました。

 

そして、友人と共にユーチューブへ動画を投稿していることをたまたまテレビ番組の街頭インタビューで話したところ、番組で動画が放送され話題となりました。

 

2013年10月から6秒動画アプリ『Vine』へ投稿を始めました。

 

そのアプリ内で女子高生のあるあるネタを投稿したことから人気を得ることになりました。

 

その後は2014年3月に『めざましテレビ』で、自身が担当するコーナー「けみおのあるあるモーニン」が放送されたり、テレビ出演を果たすこともしました。

 

また、音楽では、ソロとしては2014年9月24日に、ヒャダインがアレンジを担当した配信シングル「若者たち」のカバーでデビューを果たしました。

 

2018年11月2日には、配信シングル「どこまでいっても渋谷は日本の東京」を発売しました。

 

また、2016年9月12日には、日本を離れてアメリカへ拠点を移すことを発表します。

 

2016年末から2019年初頭にかけてロサンゼルスの語学学校に通いながら、YouTubeやSNSを中心に活動していたり、2019年2月10日には、これからもアメリカを拠点として活動することをユーチューブ上で発表もしました。

スポンサードリンク

kemio(けみお)の出身高校や大学はどこ?

Kemioさんの出身高校は、東京都立山崎高等学校出身ということです。

出典https://mdpr.jp

高校時代も今と変わらずお調子者だったそうです。

 

中学時代なんかはギャルのような見た目で周りからけっこう特殊な目で見られていたそうです。

 

2014年には高校を卒業しているのですが、その後大学は進学していません。

 

高校のときから芸能活動を始めているkemioさんですが、芸能界に入っていなかったらおそらく進学していたと話しています。

 

その進学先としては、芸能の専門学校か、芸術舞踏の大学に進学するつもりだったそうです。

 

もし芸能活動をしていなくても芸能界への道は諦めていなかったということですね。

 

それだけ芸能界に自分の居場所を見出していたのかもしれません。

 

所属している芸能事務所はMIHAだそうです。

kemio(けみお)はゲイ?兄もなの?

Kemioさんは、ゲイ、つまり同性愛者であることをカミングアウトしています。

最近芸能人でそういったことをカミングアウトする人は多いかと思います。

 

Kemioさんもそんな人の一人になります。

 

Kemioさんは、過去女性の人と付き合っていたことももちろんあります。

 

しかし、2019年4月28日の自身のツイッターでゲイであることを告白しました。

 

オネエキャラでユーチューブで動画をたくさん出していたこともあり、ファンからはゲイではないのかということを言われていましたが、本人は告白するまで否定をしていました。

 

しかし、自身が出した著書の中でも、「初めてお話しするんだけど、私の恋愛対象は男の人。昔は彼女がいたこともあって、そもそも好きな人の性別を考えたことがあんまりなかった。だって、人を愛することには変わりないから。ちな、今ウチはゲイ。」とも書いています。

 

しかし、女性になりたいと思ったことはなく、男性でいることをエンジョイしているとも話していました。

 

ちなみにkemioさんにはお兄さんもいるのですが、お兄さんはkemioさんとは真逆の性格だそうです。

 

そして、そんなお兄さんは音楽や動画制作活動をしているのですが、かなりシャイなことからまだ彼女はできたことがないそうです。

 

弟のゲイの告白と彼女がいないということでお兄さんもゲイと間違われることもあるそうですが、その事実はありません。

スポンサードリンク

kemio(けみお)の名言がウケる!?

Kemioさんは数々の名言を残しています。

出典http://news.livedoor.com

しかし、その名言はかなりおもしろくいくつか紹介したいと思います。

 

「ウチらが必要ないと思って避けそうになることもそれがすごく人生に大事な時もある。後で気がついてもタイムマシンなんて永遠にないから、見分けるのムズい」

 

「変わってるって笑われるなら普通で残念だねって笑ってやるのウチら」

 

「インターネットなんて宇宙みたいなもんだからそこで広がるネガティブな事にエネルギーを注ぐにはもったいない。宇宙からヘイトコメントが送られてきても感情は一生安定」

 

「歴史を勉強してからマンジって使わないようにするようになった、あと私って本当に知識なしの脳からっぽだと感じた。何事もそうだけど意味や背景を知らずに使うと怖いし、祖母がよく言ってたけど「棺桶まで勉強」これってまじ本気そう。会話ってやっぱり知識がないと無理」

 

などの名言を話されています。

 

この名言がおもしろい、とても響くということでファンになったという人がたくさんいます。

 

確かに言葉こそかわいらしい口調ですが、言ってることはとても心に響きますよね。

kemio(けみお)と青山テルマとの関係は?好きなの?

Kemioさんと青山テルマさんはかなり深い関係があります。

これは、一時期兄妹説が出たぐらいです。

 

Kemioさんは、2018年の青山テルマさんのミュージックビデオに出演したり、逆に青山テルマがkemioさんのユーチューブに出演したりしています。

 

もちろんプライベートでも、仲がいいようです。

 

そんなkemioさんの目標はレディガガときゃりーぱみゅぱみゅだということを公言しています。

 

これは、レディガガさんの独創的なファッションと、きゃりーぱみゅぱみゅさんの世界でも通用するユニークさに憧れているそうです。

 

どれだけ近づいていけるか楽しみですよね。

スポンサードリンク

最後に

どうだったでしょうか。

 

Kemioさんのこと少しはわかってくれたでしょうか。

 

現在SNSでも圧倒的な人気を誇っているkemioさんですが、それは同性愛者としての自分をカミングアウトしても変わりません。

 

むしろ人気が増えたかもしれません。

 

まだまだkemioさんの活躍に目が離せません!

 

今後の活躍に期待です。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

その他の関連記事は下をスクロールしよう!

スポンサードリンク